【移動平均線乖離率って何でござるか?】

Pocket

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。
この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなのでござる。

すでに何度も説明したとおり、移動平均線は、株価との位置関係を測って、トレンドの転換点や方向性を見るものでござるが、この移動平均線乖離率は、株価が移動平均線から離れたときに見るものなのでござる。

すでに述べたとおり、移動平均線と株価が大きく離れるのは相場の急変時に良く見られる現象なのでござる。離れた移動平均線と株価はいずれは近づき、この乖離は解消されて行くのでござる。

このことから、移動平均線乖離率は、株価が上げ過ぎている、あるいは下げ過ぎているのかを確認するのに役に立つのでござるぞ。
一般的に日足ならば25日移動平均線、週足ならば26週移動平均線を使い、乖離率が10~20%を超えると相場が過熱していると判断されるのでござる。なお、この乖離率は、それぞれの銘柄によって異なるのでござるぞ。行きすぎた株価はいずれ適正価格に修正されて行くので、その判断基準の一つとして、この移動平均線乖離率を見るのでござる。

関連記事

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

【ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる!】

また今回も、ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる。 ウィリアムズ%Rは、0%近辺を高値水準、100%近辺を下値水準として見るのでござる。0%、100%の水準に張り付いた動きをガーベージトップやガ …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

捨て子線【買いシグナルの酒田五法9】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、捨て子線について見てみるのじゃ。 捨て子線とは、十字線が宙に浮いたような状態で、前後の足と離れている形のことを言うのでござる。 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その5>】

前回、基本の黒三兵について説明したのじゃが、今回は黒三兵の亜種について見てみるのでござる。 今回は、坊主三羽という形を見てみるぞ! このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、三本とも下ヒゲ …

トップへ戻る