【移動平均線乖離率って何でござるか?】

Pocket

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。
この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなのでござる。

すでに何度も説明したとおり、移動平均線は、株価との位置関係を測って、トレンドの転換点や方向性を見るものでござるが、この移動平均線乖離率は、株価が移動平均線から離れたときに見るものなのでござる。

すでに述べたとおり、移動平均線と株価が大きく離れるのは相場の急変時に良く見られる現象なのでござる。離れた移動平均線と株価はいずれは近づき、この乖離は解消されて行くのでござる。

このことから、移動平均線乖離率は、株価が上げ過ぎている、あるいは下げ過ぎているのかを確認するのに役に立つのでござるぞ。
一般的に日足ならば25日移動平均線、週足ならば26週移動平均線を使い、乖離率が10~20%を超えると相場が過熱していると判断されるのでござる。なお、この乖離率は、それぞれの銘柄によって異なるのでござるぞ。行きすぎた株価はいずれ適正価格に修正されて行くので、その判断基準の一つとして、この移動平均線乖離率を見るのでござる。

関連記事

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その1>】

今回は酒田五法の三川について説明をするぞ! 非常にバリエーションが多いのがこの三川で、三川明の明星、三川宵の明星が代表的じゃ! ローソク足の線の並びに注目した分析方法が三川であると考えられており、前回 …

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

【移動平均線と株価の位置関係を見てみるのでござる】

前回、移動平均線について見てみたのじゃが、今回もまた、移動平均線について取り上げるのでござる。 移動平均線はどのようにして算出されるのか、ということを前回見てみたのでござるが、では、算出された移動平均 …

【移動平均線って何でござるか?】

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。 移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く …

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

トップへ戻る