【移動平均線の期間設定をもっと見てみるのでござる】

Pocket

前回は移動平均線の期間設定について見てみたのでござる。
今回は最初に、期間設定についての補足を説明するのでござるぞ!

前回は、様々な期間設定についての例を挙げたのでござるが、移動平均線は、短期間ほど実際の相場の動きに追随し、長期間ほど動きが緩慢になるので、実際の相場の動きに対する反応が鈍くなるのでござる。そのため、相場の強気・弱気の変化は、短期移動平均線から長期移動平均線へと波及していくのでござるぞ。

仮に、数カ月間の下落が続いた株価が、トレンド転換して、逆に数カ月間に及んで上昇した場合、5日25日13週(65日)75日(15週)26週200日(40週)52週という順番で、株価が移動平均線を突破していくのでござる。そして、移動平均線自身も株価を追って短期→長期の順に下降から上昇へと変化するのでござる。

また、ローソク足の期間の種類によっても使用する移動平均線が変わるのでござる。
例えば一般的に、

日足の場合…超短期線として5日線、短期線として25日線、中期線として75日線、長期線として200日線

週足の場合…中期線として13週線、長期線として26週線、521週線

月足の場合…長期線として12、24、60ヶ月線

の動きを観察する、と言われておるのでござる。

このように、移動平均線は、ローソク足の期間の種類によっても使うものが異なるのでござる。トレーダーによって使い方は様々なのでござるが、一般的には、複数の異なる期間の移動平均線を観察して使うことが多いようでござるぞ。

関連記事

【ゴールデンクロスとデッドクロスを見てみるのじゃ!】

ここまで何回かに渡って移動平均線を見てきておるが、この移動平均線で有名なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスでござるぞ。 ゴールデンクロスとデッドクロスという名前を聞いたことがある、という方もいるので …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。 このような形でござる。 抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形にな …

トップへ戻る