【移動平均線の期間設定をもっと見てみるのでござる】

Pocket

前回は移動平均線の期間設定について見てみたのでござる。
今回は最初に、期間設定についての補足を説明するのでござるぞ!

前回は、様々な期間設定についての例を挙げたのでござるが、移動平均線は、短期間ほど実際の相場の動きに追随し、長期間ほど動きが緩慢になるので、実際の相場の動きに対する反応が鈍くなるのでござる。そのため、相場の強気・弱気の変化は、短期移動平均線から長期移動平均線へと波及していくのでござるぞ。

仮に、数カ月間の下落が続いた株価が、トレンド転換して、逆に数カ月間に及んで上昇した場合、5日25日13週(65日)75日(15週)26週200日(40週)52週という順番で、株価が移動平均線を突破していくのでござる。そして、移動平均線自身も株価を追って短期→長期の順に下降から上昇へと変化するのでござる。

また、ローソク足の期間の種類によっても使用する移動平均線が変わるのでござる。
例えば一般的に、

日足の場合…超短期線として5日線、短期線として25日線、中期線として75日線、長期線として200日線

週足の場合…中期線として13週線、長期線として26週線、521週線

月足の場合…長期線として12、24、60ヶ月線

の動きを観察する、と言われておるのでござる。

このように、移動平均線は、ローソク足の期間の種類によっても使うものが異なるのでござる。トレーダーによって使い方は様々なのでござるが、一般的には、複数の異なる期間の移動平均線を観察して使うことが多いようでござるぞ。

関連記事

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

【ボリンジャーバンドって何でござるか?】

前回まで、数回に渡って移動平均線について説明したのでござるが、今回からは、ボリンジャーバンドを解説するのでござる! ボリンジャーバンドは移動平均線同様、メジャーなテクニカル指標なのじゃ。そもそもボリン …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

放れ七手の変化底【買いシグナルの酒田五法12】

前回は放れ五手一本底についてみてみたのでござる。 今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのじゃ! 今回は、放れ七手の変化底を見てみるのでござるぞ。 このような形なのじゃ。 窓を開けて下落した …

トップへ戻る