【移動平均線の期間設定についてみてみるぞ!】

Pocket

前回は、グランビルの8法則に基づく、移動平均線と株価の位置関係と売買ポイントについて見てみたぞ!
今回は、移動平均線の期間設定について見てみるのでござる。

移動平均線は、期間設定が短いほど現実の株価の動きに近づき、設定が長いほど動きがなだらかになり、長期的な傾向を示すという性質があるのでござる。
どちらが良いかというのは、個々のトレーダーのトレードスタイルや好みにもよるところが多いのでござるが、一つの傾向として、期間が短いと、短期的なトレンドが分かりやすい利点があるものの、ダマシが多くなってしまうという欠点があるのでござる。一方、期間を長く取ると、長期的なトレンドが抽出でき、ダマシも少なくなるという利点があるのでござるが、動きがゆるやか過ぎるために相場の素早い動きに付いて行けず、反応が遅くなるという欠点があるのでござるぞ。

日足チャートの場合、5日や20日という期間設定が一般的なのでござるが、これは取引所で株や為替、商品等が動くのが月~金の5日間、1ヶ月に換算すると約20日になることに由来しておるのでござる。また、中長期のトレンドを見る場合は、年間の市場の営業日が約200日であることを考慮し、200日という期間設定をすることもあるのでござるぞ。

とはいえ、期間設定についてはどれがより良いのか、ということについては、諸説あるのでござる。例えば、J・ウェルズ・ワイルダー7の倍数が相場の転換点であるという説を唱えておるし、一目均衡表は、自然の摂理に適合した日柄として9、17、26の三つの数字を重視しておるのでござる。エリオット波動は、5、8、13、21、34というフィボナッチ数列に関連する数字から相場の上げ下げを分析しておるのでござる。

このように、移動平均線の期間設定は諸説あるのでござる。何が良いかというのは、トレーダーとの相性もあると思うので、自分のトレードスタイルにぴったりの期間を見つけるのが大切でござるぞ。

関連記事

【ROCについて説明するのでござる】

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター …

下放れ二本黒【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は下放れ二本黒を見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 下放れ二本黒とは、下落の途中で、下放れて陰線が2本連続 …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

下放れの並び赤【売りシグナルの酒田五法17】

今回もまた、下降トレンドで出現する売りサインについて見てみるぞ! 今回見るのは下放れの並び赤でござる。 このような形なのでござる。 下放れの並び赤とは、下降トレンドの中、下放れた陽線が出現し、その次に …

【MACDってどんなものでござるか?】

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACD。Moving Average Convergence and Divergence の略でM …

トップへ戻る