【移動平均乖離率はどのように使うのじゃ?】

Pocket

今回もまた移動平均乖離率について見てみるのでござる!
前回は移動平均乖離率の概要を見てみたのじゃが、では、移動平均乖離率はどのように使用するのじゃろうか?

そもそも移動平均線は、株価が移動平均線に近づく、あるいは触れた時にどうするか、という方法で利用する場合が多いのでござるが、移動平均乖離率は移動平均とはまた異なっておるのでござる。それは何かというと、『株価が上がり過ぎれば下がる』『株価が下がり過ぎれば上がる』という考え方に基づいておるのでござる。そのため、”株価が移動平均線から大きく離れた場合、下げ・上げ止まるというタイミングを計る目的で使用するのでござる。つまり、トレンドが転換するタイミングを見る、ということなのでござるぞ!

具体的には、株価が移動平均線の下にある場合、株価が移動平均線からどの程度下に離れると、投資家が売られすぎであると考えて買いを入れるのか、または、株価が移動平均線の上にある場合、株価が移動平均線からどのくらい上に離れると、投資家が買われすぎであると判断して売るのか、とうことを測るのがこの移動平均乖離率なのでござる。これらを過去のチャートの動きから読み取り、売買タイミングを計る際の参考にするのでござる。

関連記事

【ボリンジャーバンドって何でござるか?】

前回まで、数回に渡って移動平均線について説明したのでござるが、今回からは、ボリンジャーバンドを解説するのでござる! ボリンジャーバンドは移動平均線同様、メジャーなテクニカル指標なのじゃ。そもそもボリン …

【ウィリアムズ%Rの取引方法を説明するのでござる】

前回まで、ウィリアムズ%Rの概要を説明したのでござる。その中で少しだけ触れた、ウィリアムズ%Rの売りと買いのシグナルについて、今回は詳しく見てみるのでござるぞ。 □買いシグナル□ ●「%R」が上限ライ …

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

下放れタスキ【売りシグナルの酒田五法16】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござる! 今回は下放れタスキを見てみるのでござるぞ。 このような形なのでござる。 下放れタスキは、下降トレンドの際、下放れた陰線が出現し …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その6>】

前回、は黒三兵の一種である坊主三羽を見てみたぞ! 今回も黒三兵の亜種を見てみるのでござる。 今回見るのは、同時三羽じゃ。このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、最初の陰線の終値と、2本目 …

トップへ戻る