【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

Pocket

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず逆方向、つまり移動平均線に近付く動きをしやすいという特性があり、それを具体的に数値化しているのが移動平均乖離率なのでござるが、相場の天井や大底を判断するのに、移動平均乖離率はとても便利なのじゃぞ。

移動平均乖離率の使い方は、

●銘柄によって乖離率の最大値・最低値があるので、その近辺に達したあと逆方向に動き出したら逆張りトレードする。

●移動平均乖離率の傾きが、右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンド。傾きが変わったところで逆張りトレードする。

●傾きが急すぎる場合はトレンド転換、傾きがゆるやかな場合はトレンド継続と予想する。

というものがあるのでござる。
単純に乖離が大きくなったら逆張りという戦略よりも、移動平均乖離率自体にトレンドラインを引き、トレンドラインを下に抜けたらに売り、上に抜けたら買いという手法が有効なのでござる。

RSIやストキャスティクスは強いトレンドがあるときにはダマシが多くなってしまう欠点があったものの、この移動平均乖離率は強いトレンド相場でも十分機能するところが大きな利点なのでござるぞ。

関連記事

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その2>】

今回も前回に引き続き、三川を見てみるぞ! バリエーションが豊富な三川の基本要素5種を前回見てみたのじゃが、今回は、基本5種から派生した形を色々見てみるぞ! その中でも、今回は相場の天井圏から反転して下 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

トップへ戻る