【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

Pocket

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。

以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単純移動平均線は、全てのデータを平等に扱い、平均値を計算する、というのは、既に紹介したとおりでござるぞ。例えば、20日単純移動平均線は、20日前の数字も昨日の数字も平等に扱い、合計したものを20で割って計算するのでござる。これが50日前でも、100日前でも同様なのでござる。

もっと直近のデータをより重視しよう、というのがこの指数平滑移動平均線なのでござる。近い日のデータを重視した方が、より精度の高い予想ができるということなのでござる。

この指数平滑移動平均線の算出方法でござるが、直近の値動きをどれだけ重要視するか、という値が「平滑定数α」で通常は2倍で計算するのでござる。その計算式は、

「(当日の終値)×α+(前日のEMA)×(期間n-1)」÷「n+1」

でござる。直近の終値を2倍し、それ以前の平均値を加えたものを算出期間+1期間分の時間軸で割ることで、直近の値動きの比重が高くなるように設計されているのでござる。
株価がある方向に勢いを持って動くとき、その方向性をよりすばやく察知できるのがEMAの特徴なのでござる。

トレンド分析という意味では単純移動平均線でも指数平滑移動平均線でもさほど差はないのでござる。しかし、株価の勢いを捉えた取引となると、指数平滑移動平均線の方がより向いていると言えるのでござる。

関連記事

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その3>】

今回も前回に引き続き、三川の中の、相場の天井圏から反転して下落する時のシグナルを見てみるぞ! 陰の三つ星…陰線の後、ごく短いローソク足が2、3個連続して出現することを言っておるぞ。天井圏でのこの形の出 …

【HLバンドって何でござるか?】

今回はHLバンドについて見てみるのでござる。このHLバンドはハイローバンドというもので、トレンド系テクニカル指標なのでござるぞ。 リチャード・ドンチャン氏が提唱する4週ルールを基礎にしたブレイクアウト …

陰の陽はらみ【買いシグナルの酒田五法2】

前回は、買いシグナルの「底」を示す、陰の陰はらみを見てみたぞ。今回見てみるのは、それとほとんど同じ形ながら、ローソク足の種類が異なる、陰の陽はらみを見てみるのじゃ。 ●陰の陽はらみ 陰の陽はらみは、最 …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

三手大黒線【買いシグナルの酒田五法7】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござるぞ。 今回は、三手大黒線でござる。 このような形でござるぞ。 下落相場で、窓を空けないで3本の大陰線が並んでいる線でござる。三手大黒線が出現し …

トップへ戻る