【一目均衡表の計算式とは?】

Pocket

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。
その計算式は、

・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9日間の最安値)÷2
・基準線 基準値=(当日を含む過去26日間の最高値+26日間の最安値)÷2
・先行スパン1 (転換値+基準値)÷2を当日を入れて26日未来にプロット。
・先行スパン2 (当日を含む52日間の最高値+52日間の最安値)÷2を当日を入れて26日未来にプロット。
・遅行スパン 当日の終値を当日を入れて26日過去にプロット。
※遅行スパン以外は終値ではなくザラ場の値段を基準とする。
・変化日:先行スパン1と2が重なりあっている(雲が捩れているところ)箇所。
この変化日の『変化』とは、流れが反転・加速・延長すると言う意味なのでござる。さらに、変化日という名前だからと言って、必ず変化するのではなく、変化する可能性が高い、という意味でござるぞ。

この一目均衡表で精度が高いと評判なのが、「遅行線の日々線抜け」なのでござる。遅行線が現実のチャート(日々線)を上に突き抜けたら「買い」、下に突き抜けたら「売り」 、というものでござるぞ。

一目均衡表では、「転換線の基準線上抜け」「株価の雲抜け」「遅行線の日々線上抜け」がそろった瞬間を「三役好転」と言い、強い買いシグナルとしておるのじゃ。なお、その反対は「三役逆転」というのでござる。とはいえ、この三役好転はめったにあるものではないので、「遅行線の日々線上抜け」と「転換線の基準線上抜け」「雲抜け」のいずれかが出揃った「二役好転」で仕掛けてもOKでござるぞ。

関連記事

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ! 今回見てみるのは、二ツ星と三ツ星でござる。 下の図は三ツ星 …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

トップへ戻る