【ローソク足と酒田罫線】

Pocket

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流じゃったが、ローソク足のチャートを紹介した本がアメリカで出版されたことをきっかけとして、現在では認知度も高まり、Candlestickと呼ばれ浸透しつつあるようじゃ。

このローソク足は、実は日本で発明されたものなのじゃ。このローソク足の発祥には諸説あるが、一つの説として、、江戸時代徳川八代将軍吉宗の時代に生まれた天才相場師の、本間宗久が作ったというものがある。本間宗久は米どころである出羽の酒田(現在の山形県酒田市)出身で、大阪堂島や江戸蔵前の米市場でその名を轟かせたのじゃ。その活躍ぶりは「酒田照る照る、堂島くもる、江戸の蔵前雨が降る」という俗謡が流行するほどのものだったと伝えられておる。

本間宗久が作ったとも言われているローソク足じゃが、本間宗久自身はそのローソク足の並びを重視したのじゃ。そして、その並びを分析し、体系的な相場予測法を作り上げたのじゃ。その教えは現在、「酒田罫線」「酒田五法」などという名で知られており、本間宗久が活躍した江戸時代から200年以上経った現在でも輝きを失っておらぬぞ!それどころか酒田罫線で使われている「はらみ」「たすき」等の言葉は海外でも「Harami」「Tasuki」として使われており、「たたき込み」は「Hammer」、「明の明星」は「Morning Star」、「宵の明星」は「Evning Star」等、海外でも訳されて使われておるぞ!

酒田罫線は、基本的には1日の値動きを1つのローソク状であらわした日足によるものじゃが、その組み合わせによる分析手法のうち特に酒田五法と呼ばれているものが有名じゃぞ。その名の通り、「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」の5つの手法から成り立っておるぞ。日本における最も古典的な罫線分析の手法として知られておるのじゃ。

次回に続く

 

関連記事

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

【ROCについて説明するのでござる】

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

トップへ戻る