【ローソク足と酒田罫線】

Pocket

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流じゃったが、ローソク足のチャートを紹介した本がアメリカで出版されたことをきっかけとして、現在では認知度も高まり、Candlestickと呼ばれ浸透しつつあるようじゃ。

このローソク足は、実は日本で発明されたものなのじゃ。このローソク足の発祥には諸説あるが、一つの説として、、江戸時代徳川八代将軍吉宗の時代に生まれた天才相場師の、本間宗久が作ったというものがある。本間宗久は米どころである出羽の酒田(現在の山形県酒田市)出身で、大阪堂島や江戸蔵前の米市場でその名を轟かせたのじゃ。その活躍ぶりは「酒田照る照る、堂島くもる、江戸の蔵前雨が降る」という俗謡が流行するほどのものだったと伝えられておる。

本間宗久が作ったとも言われているローソク足じゃが、本間宗久自身はそのローソク足の並びを重視したのじゃ。そして、その並びを分析し、体系的な相場予測法を作り上げたのじゃ。その教えは現在、「酒田罫線」「酒田五法」などという名で知られており、本間宗久が活躍した江戸時代から200年以上経った現在でも輝きを失っておらぬぞ!それどころか酒田罫線で使われている「はらみ」「たすき」等の言葉は海外でも「Harami」「Tasuki」として使われており、「たたき込み」は「Hammer」、「明の明星」は「Morning Star」、「宵の明星」は「Evning Star」等、海外でも訳されて使われておるぞ!

酒田罫線は、基本的には1日の値動きを1つのローソク状であらわした日足によるものじゃが、その組み合わせによる分析手法のうち特に酒田五法と呼ばれているものが有名じゃぞ。その名の通り、「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」の5つの手法から成り立っておるぞ。日本における最も古典的な罫線分析の手法として知られておるのじゃ。

次回に続く

 

関連記事

放れ七手の変化底【買いシグナルの酒田五法12】

前回は放れ五手一本底についてみてみたのでござる。 今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのじゃ! 今回は、放れ七手の変化底を見てみるのでござるぞ。 このような形なのじゃ。 窓を開けて下落した …

陽の陰はらみ【売りシグナルの酒田五法5】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回は陽の陰はらみを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 陽の陰はらみとは、上昇トレンドの中の天井付近で大陽線が出て、前日の大陽線の中に …

【ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる!】

また今回も、ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる。 ウィリアムズ%Rは、0%近辺を高値水準、100%近辺を下値水準として見るのでござる。0%、100%の水準に張り付いた動きをガーベージトップやガ …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

トップへ戻る