【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

Pocket

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。

ボリンジャーバンドは、収束と拡散を繰り返しているのが特徴なのでござるぞ。それに合わせ「順張り」「逆張り」のどちらにも使うことができるのじゃ!
具体的には、

①為替レートがバンドに対し、どの位置にあるか?
②バンドは、収縮と拡散のどちらの状態か?

ということに注目するのでござる。

①については、逆張りをする際の重要な判断ポイントになるのじゃ。「為替レートが+2σを越えたら上昇し過ぎなので売り、-2σを越えたら下落し過ぎなので買い」という判断をするのが一般的なのじゃぞ。

②については、「バンドの幅が広がって為替のボラティリティ(価格の変動率・値動きの激しさ)が急上昇しているので、その方向性についていく」といった順張りの際の判断材料になるのじゃ。

なお、①の逆張りで使う場合、バンドの幅が拡大から収縮へと向かう瞬間をねらったり、別のオシレーター系指標を併用しながら売買シグナルの制度を高める必要があるのでござる。

また、②の順張り手法の場合、レンジ相場等であまり動きがない状態から方向性を持って大きく動き始めた時に有効なのでござるぞ。逆に、規則正しい相場や動きの激しい状態から小休止した相場の場合は、あまり効果的ではないのでござる。

関連記事

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その6>】

前回、は黒三兵の一種である坊主三羽を見てみたぞ! 今回も黒三兵の亜種を見てみるのでござる。 今回見るのは、同時三羽じゃ。このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、最初の陰線の終値と、2本目 …

陽の陰はらみ【売りシグナルの酒田五法5】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回は陽の陰はらみを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 陽の陰はらみとは、上昇トレンドの中の天井付近で大陽線が出て、前日の大陽線の中に …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!(その1)】

前回まで数回に渡り、は三川を説明したぞ! 今回は、三空について説明するのじゃ!! 三空とは、ローソク足とローソク足の間に空間が出来る形のことを言うのじゃ。この空間を窓や空と言うのじゃが、これが3回連続 …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

トップへ戻る