【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

Pocket

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。

ボリンジャーバンドは、収束と拡散を繰り返しているのが特徴なのでござるぞ。それに合わせ「順張り」「逆張り」のどちらにも使うことができるのじゃ!
具体的には、

①為替レートがバンドに対し、どの位置にあるか?
②バンドは、収縮と拡散のどちらの状態か?

ということに注目するのでござる。

①については、逆張りをする際の重要な判断ポイントになるのじゃ。「為替レートが+2σを越えたら上昇し過ぎなので売り、-2σを越えたら下落し過ぎなので買い」という判断をするのが一般的なのじゃぞ。

②については、「バンドの幅が広がって為替のボラティリティ(価格の変動率・値動きの激しさ)が急上昇しているので、その方向性についていく」といった順張りの際の判断材料になるのじゃ。

なお、①の逆張りで使う場合、バンドの幅が拡大から収縮へと向かう瞬間をねらったり、別のオシレーター系指標を併用しながら売買シグナルの制度を高める必要があるのでござる。

また、②の順張り手法の場合、レンジ相場等であまり動きがない状態から方向性を持って大きく動き始めた時に有効なのでござるぞ。逆に、規則正しい相場や動きの激しい状態から小休止した相場の場合は、あまり効果的ではないのでござる。

関連記事

【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。 以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単 …

【(酒田五法)三山について説明するぞ!】

前回触れた酒田罫線の種類じゃが、それぞれの種類について、見ていくぞ! 今回は、三山について見てみるのじゃ! 三山の代表的なものはこれじゃ! 三山 三尊天井 真ん中の大きな釈迦の横に菩薩が配置された三尊 …

二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ! 今回見てみるのは、二ツ星と三ツ星でござる。 下の図は三ツ星 …

陽線五本【買いシグナルの酒田五法6】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、陽線五本でござる。 陽線五本とは、その名のとおり、5連続で陽線が出ていることでござるぞ。 この5本の陽線は、横ばい、またはそ …

【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャ …

トップへ戻る