【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

Pocket

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服するために、ストキャスティクスでは%Kのm日間の移動平均である「%D」を計算し、

● %Kが80%以上の買われ過ぎ圏で%Dとデッドクロスして数値が下がりはじめたら売り
● %Kが20%以下の売られ過ぎ圏で%Dとゴールデンクロスして上がりはじめたら買い

というように、数値そのものではなく、2本の線のクロスを見るのが良いのでござる。さらに、%Dとさらに、その移動平均である%SDを描画し、そのクロスを見る「スローストキャスティクス」を使うのがメジャーな方法なのでござる。

オシレーター系指標の弱点は、強いトレンドがある相場でシグナルを乱発しすぎてしまい、正確さに欠けるということなのでござるぞ。ストキャスティクスは最高値と最安値に注目して計算されているために、株価のわずかな勢いにも反応しすぎるデメリットがあるのでござる。この欠点を克服するため、ストキャスティクスのクロスが、チャートの山と谷の頂点にぴったり合うよう、銘柄に合った期間設定を行うことが必要になってくるのでござる。

関連記事

【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】

PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。 今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。 A社とB社はど …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れタスキでござるぞ! このような形でござる。 上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

陰線五本【売りシグナルの酒田五法8】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは、陰線五本でござるぞ。 こんな形でござる。 陰線五本は、5連続で陰線が出ているチャートのことで、5本の陰線が横ばいまたは、そ …

トップへ戻る