【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

Pocket

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャスティクスは、レンジ相場で役立つ指標なのでござる。しかし、その諸刃の剣である反応の速さは、見方を変えれば、上昇トレンドでも下降トレンドでも、売買ポイントで早くシグナルが表示されるというメリットにもなるのでござる。

そのため、

● 上昇トレンドならスローストキャスが売られ過ぎを示したときのみ買い勝負
● 下降トレンドなら買われ過ぎを示したときのみ売り勝負

といったトレンドに対して順張りの場面で使うのも効果的なのでござる。
中長期投資でも使えるのでござるぞ!

また、逆張りにも効果的に使うことができるのでござる。
例えば、

●株価ががボリンジャーバンドの+2σを上抜け後、%Dが%SDとデッドクロス→売り
● ボリンジャーバンドの-2σを下抜け後、%Dが%SDとゴールデンクロス→買い

というシグナルで売買すると、高確率な逆張り投資ができるのでござる。
ほかにも、スローストキャスティクスで買いサインが出た後、MACD(マックディー)でもサインが出たら、
売買する、という手法もあるのでござるぞ。

関連記事

下放れタスキ【売りシグナルの酒田五法16】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござる! 今回は下放れタスキを見てみるのでござるぞ。 このような形なのでござる。 下放れタスキは、下降トレンドの際、下放れた陰線が出現し …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

【移動平均線の期間設定をもっと見てみるのでござる】

前回は移動平均線の期間設定について見てみたのでござる。 今回は最初に、期間設定についての補足を説明するのでござるぞ! 前回は、様々な期間設定についての例を挙げたのでござるが、移動平均線は、短期間ほど実 …

【ローソク足と酒田罫線】

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流 …

トップへ戻る