【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

Pocket

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャスティクスは、レンジ相場で役立つ指標なのでござる。しかし、その諸刃の剣である反応の速さは、見方を変えれば、上昇トレンドでも下降トレンドでも、売買ポイントで早くシグナルが表示されるというメリットにもなるのでござる。

そのため、

● 上昇トレンドならスローストキャスが売られ過ぎを示したときのみ買い勝負
● 下降トレンドなら買われ過ぎを示したときのみ売り勝負

といったトレンドに対して順張りの場面で使うのも効果的なのでござる。
中長期投資でも使えるのでござるぞ!

また、逆張りにも効果的に使うことができるのでござる。
例えば、

●株価ががボリンジャーバンドの+2σを上抜け後、%Dが%SDとデッドクロス→売り
● ボリンジャーバンドの-2σを下抜け後、%Dが%SDとゴールデンクロス→買い

というシグナルで売買すると、高確率な逆張り投資ができるのでござる。
ほかにも、スローストキャスティクスで買いサインが出た後、MACD(マックディー)でもサインが出たら、
売買する、という手法もあるのでござるぞ。

関連記事

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

【MACDってどんなものでござるか?】

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACD。Moving Average Convergence and Divergence の略でM …

【HLバンドって何でござるか?】

今回はHLバンドについて見てみるのでござる。このHLバンドはハイローバンドというもので、トレンド系テクニカル指標なのでござるぞ。 リチャード・ドンチャン氏が提唱する4週ルールを基礎にしたブレイクアウト …

トップへ戻る