【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

Pocket

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャスティクスは、レンジ相場で役立つ指標なのでござる。しかし、その諸刃の剣である反応の速さは、見方を変えれば、上昇トレンドでも下降トレンドでも、売買ポイントで早くシグナルが表示されるというメリットにもなるのでござる。

そのため、

● 上昇トレンドならスローストキャスが売られ過ぎを示したときのみ買い勝負
● 下降トレンドなら買われ過ぎを示したときのみ売り勝負

といったトレンドに対して順張りの場面で使うのも効果的なのでござる。
中長期投資でも使えるのでござるぞ!

また、逆張りにも効果的に使うことができるのでござる。
例えば、

●株価ががボリンジャーバンドの+2σを上抜け後、%Dが%SDとデッドクロス→売り
● ボリンジャーバンドの-2σを下抜け後、%Dが%SDとゴールデンクロス→買い

というシグナルで売買すると、高確率な逆張り投資ができるのでござる。
ほかにも、スローストキャスティクスで買いサインが出た後、MACD(マックディー)でもサインが出たら、
売買する、という手法もあるのでござるぞ。

関連記事

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その2>】

今回も前回に引き続き、三川を見てみるぞ! バリエーションが豊富な三川の基本要素5種を前回見てみたのじゃが、今回は、基本5種から派生した形を色々見てみるぞ! その中でも、今回は相場の天井圏から反転して下 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その4>】

前回までは、赤三兵やその亜種について説明したのでござる。 今回は黒三兵について説明をするのじゃ! 黒三兵も赤三兵同様、亜種があるぞ。 まずは基本形の黒三兵を見るでござるぞ! 赤三兵とは逆に、陰線が三本 …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

トップへ戻る