【ゴールデンクロスとデッドクロスを見てみるのじゃ!】

Pocket

ここまで何回かに渡って移動平均線を見てきておるが、この移動平均線で有名なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスでござるぞ。
ゴールデンクロスとデッドクロスという名前を聞いたことがある、という方もいるのではないか?
この二つは、移動平均線を代表するトレンドの転換シグナルなのでござるぞ。

ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が中期や長期の移動平均線を、あるいは中期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜ける動きで交差する状態を言うのでござる。それとは逆に、短期移動平均線が中期や長期の移動平均線を、あるいは中期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜ける動きで交差する状態をデッドクロスと呼ぶのでござる。

ゴールデンクロスは、下落していた株価が上昇トレンドへと転換したことを示すシグナルなのでござるぞ。そして、デッドクロス上昇トレンドにあった株価が下降トレンドへと転換したことを示すシグナルなのでござる。下図のチャートは株ではなく為替のドル円チャートでござるが、株とまったく同じで、ゴールデンクロスとデッドクロスが現れておるのが確認できるのでござる。

(例)ドル円

一つ注意しなければならないのは、このゴールデンクロスとデッドクロスは、基本的に実際の株価の動きに少し遅れた形で現れる、ということなのでござる。かなりの短期で設定された移動平均線同士であれば別じゃが(期間を短くすればするほど、実際の株価の動きに近づくので)、そうでない場合は先ほど書いたとおり、遅れて現れるのでござる。そのため、相場のトレンド転換の追認ポイントを認識する方法として捉えた方が良いのでござる。とはいえ、非常に参考になるシグナルなので、実際に活用してみると良いのでござるぞ!

関連記事

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

【ウィリアムズ%Rの取引方法を説明するのでござる】

前回まで、ウィリアムズ%Rの概要を説明したのでござる。その中で少しだけ触れた、ウィリアムズ%Rの売りと買いのシグナルについて、今回は詳しく見てみるのでござるぞ。 □買いシグナル□ ●「%R」が上限ライ …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

【MACDってどんなものでござるか?】

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACD。Moving Average Convergence and Divergence の略でM …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

トップへ戻る