【ゴールデンクロスとデッドクロスを見てみるのじゃ!】

Pocket

ここまで何回かに渡って移動平均線を見てきておるが、この移動平均線で有名なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスでござるぞ。
ゴールデンクロスとデッドクロスという名前を聞いたことがある、という方もいるのではないか?
この二つは、移動平均線を代表するトレンドの転換シグナルなのでござるぞ。

ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が中期や長期の移動平均線を、あるいは中期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜ける動きで交差する状態を言うのでござる。それとは逆に、短期移動平均線が中期や長期の移動平均線を、あるいは中期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜ける動きで交差する状態をデッドクロスと呼ぶのでござる。

ゴールデンクロスは、下落していた株価が上昇トレンドへと転換したことを示すシグナルなのでござるぞ。そして、デッドクロス上昇トレンドにあった株価が下降トレンドへと転換したことを示すシグナルなのでござる。下図のチャートは株ではなく為替のドル円チャートでござるが、株とまったく同じで、ゴールデンクロスとデッドクロスが現れておるのが確認できるのでござる。

(例)ドル円

一つ注意しなければならないのは、このゴールデンクロスとデッドクロスは、基本的に実際の株価の動きに少し遅れた形で現れる、ということなのでござる。かなりの短期で設定された移動平均線同士であれば別じゃが(期間を短くすればするほど、実際の株価の動きに近づくので)、そうでない場合は先ほど書いたとおり、遅れて現れるのでござる。そのため、相場のトレンド転換の追認ポイントを認識する方法として捉えた方が良いのでござる。とはいえ、非常に参考になるシグナルなので、実際に活用してみると良いのでござるぞ!

関連記事

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れタスキでござるぞ! このような形でござる。 上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような …

トップへ戻る