【エンベロープって何でござるか?】

Pocket

今回紹介するのは、エンベロープでござる。
エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。

株式ではよく上昇し続けたり、下落し続けたりすると、「移動平均線から何%離れているのか?」「移動平均線から何%離れると逆の動きになるのか?」ということが注目されるのでござる。ちなみに、この時に使われる移動平均線は比較的長期の移動平均線なのでござるぞ。

株価は移動平均線と離れていても、いずれどこかで接するのでござる。というのも、一方向だけに株価が永遠に進むことはほとんどないからなのでござる。そのため、移動平均線からどれほど離れるとトレンドが転換して、移動平均線に株価が近づこうとし出すのかということに注目が集まるのでござる。過去のデータから、移動平均線からこれくらい離れたら反転する、という乖離率が分析されるのでござるぞ。

乖離率は任意ではあるものの、どれ位の数値にすればよいのかは使用する移動平均線や銘柄によっても全く違うのでござる。日足の場合に5日、10日、20日、75日、100日、200日を、週足であれば6週、13週、26週といった移動平均線を使用して、2%、3%、5%、10%などの乖離率をもって線を引いてみると良いのでござる。なお、一般的には、25日移動平均線の5%刻みが使われるようなのでござる。

関連記事

【移動平均線と株価の位置関係を見てみるのでござる】

前回、移動平均線について見てみたのじゃが、今回もまた、移動平均線について取り上げるのでござる。 移動平均線はどのようにして算出されるのか、ということを前回見てみたのでござるが、では、算出された移動平均 …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

【一目均衡表って何じゃ?】

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をか …

上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れタスキでござるぞ! このような形でござる。 上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような …

【パラボリックとは何でござるか?】

パラボリックとはトレンド系テクニカル指標の一つなのでござる。「パラボリック」という名前は放物線という意味で、ローソク足チャートの上下に出ている放物線の形をした線のことを意味しておるのでござる。RSIの …

トップへ戻る