【エンベロープって何でござるか?】

Pocket

今回紹介するのは、エンベロープでござる。
エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。

株式ではよく上昇し続けたり、下落し続けたりすると、「移動平均線から何%離れているのか?」「移動平均線から何%離れると逆の動きになるのか?」ということが注目されるのでござる。ちなみに、この時に使われる移動平均線は比較的長期の移動平均線なのでござるぞ。

株価は移動平均線と離れていても、いずれどこかで接するのでござる。というのも、一方向だけに株価が永遠に進むことはほとんどないからなのでござる。そのため、移動平均線からどれほど離れるとトレンドが転換して、移動平均線に株価が近づこうとし出すのかということに注目が集まるのでござる。過去のデータから、移動平均線からこれくらい離れたら反転する、という乖離率が分析されるのでござるぞ。

乖離率は任意ではあるものの、どれ位の数値にすればよいのかは使用する移動平均線や銘柄によっても全く違うのでござる。日足の場合に5日、10日、20日、75日、100日、200日を、週足であれば6週、13週、26週といった移動平均線を使用して、2%、3%、5%、10%などの乖離率をもって線を引いてみると良いのでござる。なお、一般的には、25日移動平均線の5%刻みが使われるようなのでござる。

関連記事

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その3>】

今回も前回に引き続き、三川の中の、相場の天井圏から反転して下落する時のシグナルを見てみるぞ! 陰の三つ星…陰線の後、ごく短いローソク足が2、3個連続して出現することを言っておるぞ。天井圏でのこの形の出 …

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。 以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単 …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

トップへ戻る