【ウィリアムズ%Rの取引方法を説明するのでござる】

Pocket

前回まで、ウィリアムズ%Rの概要を説明したのでござる。その中で少しだけ触れた、ウィリアムズ%Rの売りと買いのシグナルについて、今回は詳しく見てみるのでござるぞ。

□買いシグナル□
●「%R」が上限ライン(90%~100%)に到達した場合、相場が底を打った可能性が高まり、50%を割り込んだ場合、買い。100%に到達後、5日間待ち、95%以下に下落した後、買う。
●強気の乖離(ブリッシュ・ダイバージェンス)
下落トレンドで、最初の安値で「%R」が上限ラインより上に上昇(売られ過ぎ)し、次の安値で上限ラインを超えられなかった場合、上昇トレンドの可能性が高い。
●フェイラー・スウィングズ(failure swings)
「%R」が上限ラインに到達することなく反落した場合、買い方が優勢となり、上昇トレンドの可能性が高い。

□売りシグナル□
●「%R」が下限ライン(10%~0%)に到達した場合、相場が天井を打った可能性が高まり、50%を上回った場合、売り
●弱気の乖離(ベアリッシュ・ダイバージェンス)
上昇トレンドで、最初の高値で「%R」が下限ラインより下に下落(買われ過ぎ)し、次の高値で下限ラインを超えられなかった場合、下落トレンドの可能性が高い。
●フェイラー・スウィングズ(failure swings)
「%R」が下限ラインに到達することなく反発した場合、売り方が優勢となり、下落トレンドの可能性が高い。

このような売り・買いのシグナルのがあるのじゃ!

関連記事

下放れ二本黒【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は下放れ二本黒を見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 下放れ二本黒とは、下落の途中で、下放れて陰線が2本連続 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

【ROCについて説明するのでござる】

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

トップへ戻る