【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

Pocket

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。
今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。

ボリンジャーバンドの中心となっているのが、実は移動平均線なのでござる。
こんな感じなのでござるぞ。

このチャートには株の周りに複数の線が表示されておるが、その真ん中のピンク色の線が移動平均線なのでござる。その周りの青色の線緑色の線ボリンジャーバンドなのでござるぞ。

株価は上がったり下がったりするが、移動平均線あたりで株価が推移していることが多く、移動平均線から極端に離れることはさほど多くない、という考えに基づいているのがボリンジャーバンドなのでござる。そのため、移動平均線からの乖離が大きくなった時、ボリンジャーバンドより高い位置に株価が来た場合は売り、逆に、ボリンジャーバンドより安い位置に株価が来た場合は買いという逆張りでよく使われるのでござる。

先ほども書いたとおり、ボリンジャーバンドの中央には移動平均線があるわけなのじゃが、統計学的にその移動平均線の上下の線の間で株価が動く確率が、それぞれ想定されるのでござる。これが、前回書いた統計学の「正規分布」に当てはめた確率なのでござる。再度書くと、

移動平均線から一番近い上下線の間で株価が動く確率(1次標準偏差、1σ)=約68.3%
移動平均線から二番目の上下線の間で株価が動く確率(2次標準偏差、2σ)=約95.5%
移動平均線から三番目の上下線の間で株価が動く確率(3次標準偏差、3σ)=約99.7%

ということなのでござるぞ。

また次回もボリンジャーバンドについて見てみるのでござるぞ!

関連記事

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

【移動平均線って何でござるか?】

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。 移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く …

下放れの並び赤【売りシグナルの酒田五法17】

今回もまた、下降トレンドで出現する売りサインについて見てみるぞ! 今回見るのは下放れの並び赤でござる。 このような形なのでござる。 下放れの並び赤とは、下降トレンドの中、下放れた陽線が出現し、その次に …

【パラボリックとは何でござるか?】

パラボリックとはトレンド系テクニカル指標の一つなのでござる。「パラボリック」という名前は放物線という意味で、ローソク足チャートの上下に出ている放物線の形をした線のことを意味しておるのでござる。RSIの …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その5>】

前回、基本の黒三兵について説明したのじゃが、今回は黒三兵の亜種について見てみるのでござる。 今回は、坊主三羽という形を見てみるぞ! このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、三本とも下ヒゲ …

トップへ戻る