現在の活動から将来の業績を予測でござる!

Pocket

ある会社の業績が良くなると市場が予測し、すでに株価が上がっていたところに、プラスのニュースが出たことで「材料出尽くし」とした投資者が株の売り時と判断する事がよくあるのでござる。
この時点で株価が反落(上げ続けていた株価が下落に転じる)してしまうんじゃ。
好業績というニュースは、過去の活動の結果であり、現在の活動が反映された業績は将来のニュースになるのでござる。
しかし、将来の業績を知るには、「会社の現在の活動」や「会社をとりまく経済的環境(景気の状況など)」をしっかり見ておく事が大事でござる!

関連記事

「好業績」で株価が下落するカラクリ?!

企業の業績ってのは株価をものすごく左右するものでござる。業績が良くなれば株主に利益還元もできるんじゃ。さらには経営の安定にも繋がるのでござる!特に大事なのは「将来性」に着目しなければならないという所で …

予想外のニュースに注目するのでござるぞ。

良い材料のニュースが流れた瞬間に株価が下がる場合があるとさっき言ったが そういったニュースは予想範囲内だった時に限られるのでござる。 もしも、業績発表で市場の予測を超えて好決算の数値が発表されたとすれ …

割安なら値上がりに期待するでござるぞ!

株の値上がり益で儲けるためには安いところから買って値上がりした所で売るっていうのが大原則らしい!まあそれでも今の株が将来値上がりするかどうかなんて誰にも分からないでござろう? そこで、その株が「割安」 …

株価は将来性で動く!

指標で割安だからと言って、必ずしも株価が上昇するとは限らないんでござる! たとえば利益がそこそこ上がっていてPERが低かろうと一向に上昇しない銘柄だって少なくないのでござる。 こういった万年割安株は収 …

株価水準を測るモノサシってなんでござるか?

そのモノサシはいくつもあるでござるよ。たとえば利益や会社が持っている財産(資産)や、配当利回りなどがそうなのでござる。 けれども、利益水準は企業の規模や業種で変わってくるのでござる。 だからこその「1 …

トップへ戻る