株価水準を測るモノサシってなんでござるか?

Pocket

そのモノサシはいくつもあるでござるよ。たとえば利益や会社が持っている財産(資産)や、配当利回りなどがそうなのでござる。
けれども、利益水準は企業の規模や業種で変わってくるのでござる。
だからこその「1株あたりの価値」なのでござる!
大企業でも株価が400円や600円なものもあれば規模が小さく利益も小さいのに株価が
数十万する所だってあるのでござる。

関連記事

有望な銘柄の選択方法

複数の指標で条件に見合った銘柄を選び出すことだって出来るのでござる。 ・PER10倍以下 ・PBR1.2倍以下 ・配当利回り2%以上 などと入力すれば、条件に見合った有望な投資先を絞り込み検索する事が …

利益から株価水準を測るのでござる!

「利益(純利益)」をもとに株価が割安か割高か判断する基準があるのでござるぞ! PER(株価収益率)と言って「今の株価が、1株あたりの利益の何倍なのか」示す指標があるのじゃ! この数値が大きいほど、儲け …

株価は将来性で動く!

指標で割安だからと言って、必ずしも株価が上昇するとは限らないんでござる! たとえば利益がそこそこ上がっていてPERが低かろうと一向に上昇しない銘柄だって少なくないのでござる。 こういった万年割安株は収 …

現在の活動から将来の業績を予測でござる!

ある会社の業績が良くなると市場が予測し、すでに株価が上がっていたところに、プラスのニュースが出たことで「材料出尽くし」とした投資者が株の売り時と判断する事がよくあるのでござる。 この時点で株価が反落( …

数値が低いほど割安なのじゃ!

たとえば、A茶屋の株の1株利益が40円で、株価が800円ならば、PERは20倍(800円÷40円)なのでござる! たとえば、株価が1200円まで上昇すればPERは30倍になり、割高になるのじゃ! 株価 …

トップへ戻る