株価水準を測るモノサシってなんでござるか?

Pocket

そのモノサシはいくつもあるでござるよ。たとえば利益や会社が持っている財産(資産)や、配当利回りなどがそうなのでござる。
けれども、利益水準は企業の規模や業種で変わってくるのでござる。
だからこその「1株あたりの価値」なのでござる!
大企業でも株価が400円や600円なものもあれば規模が小さく利益も小さいのに株価が
数十万する所だってあるのでござる。

関連記事

割安なら値上がりに期待するでござるぞ!

株の値上がり益で儲けるためには安いところから買って値上がりした所で売るっていうのが大原則らしい!まあそれでも今の株が将来値上がりするかどうかなんて誰にも分からないでござろう? そこで、その株が「割安」 …

基本は利益の追求でござる!

株式投資の一番の目的は、利潤の追求でござる! その方法にはいくつかあって、それによって売買の手順も投資方法も変わってくるのだぞ! そこで株を買う前に、まずは自分がどういった観点から儲けるのかを明確にす …

会社のお金を有効活用しているか?

ROE(株主資本利益率)…企業の収益性から、株価水準を測るモノサシでござる。 株主の持ち分である株主資本に対して、どれだけの利益が出ているかを表すものでござる。 ROEが高いと効率的な会社経営が行われ …

利益から株価水準を測るのでござる!

「利益(純利益)」をもとに株価が割安か割高か判断する基準があるのでござるぞ! PER(株価収益率)と言って「今の株価が、1株あたりの利益の何倍なのか」示す指標があるのじゃ! この数値が大きいほど、儲け …

「好業績」で株価が下落するカラクリ?!

企業の業績ってのは株価をものすごく左右するものでござる。業績が良くなれば株主に利益還元もできるんじゃ。さらには経営の安定にも繋がるのでござる!特に大事なのは「将来性」に着目しなければならないという所で …

トップへ戻る