株価水準を測るモノサシってなんでござるか?

Pocket

そのモノサシはいくつもあるでござるよ。たとえば利益や会社が持っている財産(資産)や、配当利回りなどがそうなのでござる。
けれども、利益水準は企業の規模や業種で変わってくるのでござる。
だからこその「1株あたりの価値」なのでござる!
大企業でも株価が400円や600円なものもあれば規模が小さく利益も小さいのに株価が
数十万する所だってあるのでござる。

関連記事

会社のお金を有効活用しているか?

ROE(株主資本利益率)…企業の収益性から、株価水準を測るモノサシでござる。 株主の持ち分である株主資本に対して、どれだけの利益が出ているかを表すものでござる。 ROEが高いと効率的な会社経営が行われ …

株が値上がりする条件はなんでござるか?

投資家にとっていい株とは、ズバリ、利益を多くもたらしてくれる銘柄じゃ! 株で利益を出すには「株主優待」「値上がり益」「配当」などがあるらしいが… どちらにしろ大事なのは、株を発行する会社の状況だと思う …

株価は将来性で動く!

指標で割安だからと言って、必ずしも株価が上昇するとは限らないんでござる! たとえば利益がそこそこ上がっていてPERが低かろうと一向に上昇しない銘柄だって少なくないのでござる。 こういった万年割安株は収 …

利益から株価水準を測るのでござる!

「利益(純利益)」をもとに株価が割安か割高か判断する基準があるのでござるぞ! PER(株価収益率)と言って「今の株価が、1株あたりの利益の何倍なのか」示す指標があるのじゃ! この数値が大きいほど、儲け …

短期で稼ぐ?長期で稼ぐ?

投資の目的で保有する機関は異なってくるでござる。株価が下がったところで買い、上がった所で売るというのが「値上がり益」でござる。それを狙うなら基本的に長期がおススメらしいのじゃ! コツコツと稼ぐタイプが …

トップへ戻る