数値が低いほど割安なのじゃ!

Pocket

たとえば、A茶屋の株の1株利益が40円で、株価が800円ならば、PERは20倍(800円÷40円)なのでござる!
たとえば、株価が1200円まで上昇すればPERは30倍になり、割高になるのじゃ!
株価が同じでも一株の利益が50円になればPERは16倍に下がってしまい、割安になってしまうんでござる。
このようにPERの数値が低いほど、株価わ割安になるのでござる。下値(現在の値段よろさらに安い値段)不安が少なく、上値余地があると判断していいのでござる!

だが、業種によっては、全般にPERが高くなる傾向がある事もあるんでござる。
なお、純利益がマイナスの赤字企業はPERが算出できない故、投資情報誌などの該当欄では「一」となっているのじゃ。

関連記事

株が値上がりする条件はなんでござるか?

投資家にとっていい株とは、ズバリ、利益を多くもたらしてくれる銘柄じゃ! 株で利益を出すには「株主優待」「値上がり益」「配当」などがあるらしいが… どちらにしろ大事なのは、株を発行する会社の状況だと思う …

あらゆる角度からチェックするでござる!

PER、PBR、ROEと代表的な指標があったが株価水準を測る指標はまだいくつもあるらしい…。 でも、難しく考えても始まらないので、まずは一つ調べてみるのが感じんじゃよ。

短期で稼ぐ?長期で稼ぐ?

投資の目的で保有する機関は異なってくるでござる。株価が下がったところで買い、上がった所で売るというのが「値上がり益」でござる。それを狙うなら基本的に長期がおススメらしいのじゃ! コツコツと稼ぐタイプが …

割安なら値上がりに期待するでござるぞ!

株の値上がり益で儲けるためには安いところから買って値上がりした所で売るっていうのが大原則らしい!まあそれでも今の株が将来値上がりするかどうかなんて誰にも分からないでござろう? そこで、その株が「割安」 …

企業の将来に注目でござる!

いい株の基本は、収益性、成長性、健全性であるが…大事なのは「今」よりも「将来」なのじゃ! 今業績がよくても数か月後に赤字になってしまうような会社であっては利益は得られないと思うのでござるよ。 今業績が …

トップへ戻る