会社の本当の価値で株を見てみる?

Pocket

PERが「利益」から株価水準を測るのに対し、企業の「資産」から測るのが株価純資産倍率(PBR)でござる。株価を一株当たりの純資産で割って求めるのでござる。
純資産というのは、会社の総資産から負債を引いたものじゃ。
純粋に会社が持っている資産という事でござる。PBRはつまり仮に会社がすぐ解散した場合の、株主が受け取れる資産の取り分をあらわす数字なのでござるぞ!
PBRが1倍なら、株価と同じ資産を受け取れる事になり、この数値が高いほど、会社の資産と比べて過大に評価されている(割高)といえるのでござるな!
PBRが1倍を割ったときは、その会社の資産より株価が下回ったこととなり、株価は過小評価(割安)を受けているという意味合いになるのでござる。

関連記事

株価は将来性で動く!

指標で割安だからと言って、必ずしも株価が上昇するとは限らないんでござる! たとえば利益がそこそこ上がっていてPERが低かろうと一向に上昇しない銘柄だって少なくないのでござる。 こういった万年割安株は収 …

赤字脱却企業に注目でござる!

企業の変化も、赤字からの黒字転身は、市場では特に歓迎されるのでござる!今(今期)赤字決算だとしても来期以降の予想が黒字だとしたらその企業の株価も上昇なのじゃ! それまでずっと赤字で株価が低い状態からの …

株が値上がりする条件はなんでござるか?

投資家にとっていい株とは、ズバリ、利益を多くもたらしてくれる銘柄じゃ! 株で利益を出すには「株主優待」「値上がり益」「配当」などがあるらしいが… どちらにしろ大事なのは、株を発行する会社の状況だと思う …

基本は利益の追求でござる!

株式投資の一番の目的は、利潤の追求でござる! その方法にはいくつかあって、それによって売買の手順も投資方法も変わってくるのだぞ! そこで株を買う前に、まずは自分がどういった観点から儲けるのかを明確にす …

現在の活動から将来の業績を予測でござる!

ある会社の業績が良くなると市場が予測し、すでに株価が上がっていたところに、プラスのニュースが出たことで「材料出尽くし」とした投資者が株の売り時と判断する事がよくあるのでござる。 この時点で株価が反落( …

トップへ戻る