【SBI証券の福の神レポートは参考になるのですわ!】

Pocket

使い勝手の良さと豊富なレポートで、個人トレーダーからの評価も高いSBI証券
そんなSBI証券では、福の神レポートを定期的に掲載しているのですが、非常に参考になりますの。

今回の福の神レポートでは、年初から大荒れとなった株式相場を踏まえ、個人投資家の避難先はどうしたら良いか、ということについてレポートしてくれていますの。

年明け1月5日(月)のNY市場では、原油が50ドルの大台を割り込んだことやギリシャの政局不安のあおりを受け、NYダウは300ドルを超える下げとなったのですわ。東京市場も6日(火)には、日経平均株価は300円超の下げから始まり、17,000円の大台を割り込み、安値引けで500円を超える下げとなったのですわ。

今回のこの急落の原因をSBI証券では、

(1)年末年始で、機関投資家・外国人投資家が積極的に市場に参加しにくい状況にあった。
(2)原油相場が下げ止まらず、高値圏にあったNYダウが資源株を中心に大幅調整した。
(3)ギリシャの政局不安から、ユーロ離脱の可能性が示唆された。

の3点に理由があるとしていますわ。

しかし、

(1)は、年末年始特有の事象なので、9日(金)の米雇用統計が終わり、3連休明けの1月3週目には、機関投資家・外国人投資家も本格的に株式相場に復帰してきそうである。
(2)は、資源株の比率の高いNYダウへの影響は大きいですが、根本的に原油価格の下落は、日本経済にとっては大きなプラス材料。円安を相殺して余りある原油安は、日本の製造業、運輸関連には特に大きな追い風となる。
(3)については、1月25日のギリシャ総選挙までは、不透明な展開が続くことが想定されるものの、かつてのギリシャ危機の際に、一時年利40%を超えるまでに売り込まれたギリシャ国債など、BIS報告銀行によるギリシャ向け対外エクスポージャーは、09年末対比で4分の1程度まで減少していると推定され、イタリア、スペインなど他の南欧諸国に波及しなければ、ギリシャ危機の二の舞にはなりにくいと考えらる。

としており、ここから更に大きな下げは想定し難く、12月17日安値16,672円近辺が目先の下値のメドになると想定しているとのことですわ。

一方で、ジャスダック上場銘柄は堅調な出だしとなっており、年初の1月5日は下げたものの、下落率は日経平均の3分の1の水準だったのですわ。

これを踏まえ、福の神レポートでは、個人投資家に特に人気の高い新規上場銘柄に注目しているのですわ。

同じく新規上場ラッシュであった2013年12月の上場銘柄の初値後50営業日の株価動向から、昨年12月上場の28銘柄の投資戦略を考えてみた、とのことですの。

「ザラ場中にずっと相場を確認できる投資家は、現在値が公開価格と初値を上回っている陽線の銘柄の中から、飛び乗り・飛び降りの対象銘柄を探してみましょう。この場合のポイントは、大きな損失を回避するため、買ったらすぐに損切りのための逆指値の売り注文を発注しておくことです。損切りポイントは、買値から5%~10%程度下に置くか、直近の安値や高値などテクニカル的なポイントを置けばよいでしょう。」とのことですわ。

また、「ザラ場中ずっと相場を確認できない投資家は、初値後15営業日以内に高値を付けて、25営業日以上過ぎて安値を付けた銘柄のリバウンド狙いの買いが有効な投資戦略になりそうです。「落ちるナイフは掴むな」の相場格言通り、下げ局面ではどこまで下がるか判らないので、初値後25営業日以上過ぎた銘柄が直近安値を付けて終値ベースで5%~10%程度リバウンドしたのを確認してから、翌営業日に買い注文を発注すればよいでしょう。」

とのことですの。

他にも色々と投資の参考になることが書いてあって、勉強になりますわ!
SBI証券で是非口座開設してみるのですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【日米の株価がでカップリングしている背景は?】

SBI証券のマーケットレポートは非常に勉強になるのですわ! 今回SBI証券では、日米の株価についてのレポートを掲載していますのよ。それについて、3つのポイントから分析していますの。 今回はその中から『 …

【2月6日登場!SBI証券の「日本株3.7倍ブル・ベア」を紹介するのですわ。】

充実したサービスと、豊富な商品ラインナップが多くのトレーダーの指示を集めるSBI証券。 SBI証券では、2月6日に「日本株3.7倍ブル・ベア」を設定するのですわ! この「日本株3.7倍ブル・ベア」は、 …

【SBI証券の投資信託トータルリターンサービスが近日スタートですのよ!】

SBI証券では、12月より投資信託のトータルリターンサービスが開始予定ですのよ! トータルリターンサービスが何かご存知ない方のために説明しますと、投資信託の分配金受取分を含めた損益や銘柄単位での損益管 …

【SBI証券が教える期待の銘柄ですわ!】

ネット証券最大手のSBI証券は、手数料の安さ、顧客満足度の高さ等、色々と評判が良い会社なのですわ。 そんなSBI証券では、20万円以下で買える「日銀・GRIF」の後押し期待の銘柄についてHP上で紹介し …

【SBI証券が原油関連銘柄を紹介してくれていますわ!】

豊富な商品に使いやすいツール、そして豊富な情報量が特徴のSBI証券。 SBI証券では、様々な経済レポートを用意してくれているのですが、今回は、原油関連銘柄のうち、注目のものを紹介してくれていますわ! …

トップへ戻る