【SBI証券のマーケットレポートが興味深いのですわ!】

Pocket

情報量の多さと行き届いたサービスで、多くのトレーダーの支持を集めるSBI証券
SBI証券では、トレーダー向けのマーケット情報を頻繁に掲載していて、とてもためになるのですわ!

今回SBI証券では、サキモノの『ココがPOINT!』というコーナーで、「日経平均株価2万円」への足場固めとなるか? というテーマの記事を掲載しているのですわ。

日経平均株価は1月16日にボトムを付けた後、1月28日までは順調に上昇しましたわ。以前も取り上げたとおり、この期間は2014年10~12月期決算発表における決算発表の前半部分に該当し、好調な企業業績を好感する流れになったために日経平均も上昇したと考えられるのですわ。しかしそれ以降は、NYダウがやや弱含んだこと、石油元売りや商社等で原油価格下落のマイナス面を決算(業績見通し)に織り込む動きがみられたことから、日経平均の予想EPS(一株利益)低下も織り込まれ、、上値を抑えられる展開となった、とのことですわ。
その結果、1月中旬から2月中旬の日経平均株価は、「三角保ち合い」形成の動きとなったのですわ。

しかし、2月12日に米株高や円安を好感する形で、日経平均が「三角保ち合い」を上放れ、7年7ヵ月ぶりの高値を付けた後は、基本的には上昇局面となったのですわ。このことについて、SBI証券では『テクニカル的に、「三角保ち合いは、放れた方に付け」と言われますので、その通りになっているという面はあります。ただ、より重要なのは、原油価格下落のマイナス面を先に織り込んだことで、今後はそのプラス面を素直に織り込む流れが期待できるようになりました。さらに、円安効果、消費増税の反動効果の剥落(4月以降)など、景気・企業業績を押し上げる要因が、今後増えてくることが見込まれ、買い安心感が強まる形になりました。』としているのですわ。ニュースでも取り上げられたとおり、日経平均株価は2007年2月26日に付けたリーマンショック直前の高値18,300円を上回り、2000年春以降の高値水準へと進んでいったのですわ。

さらに、経済指標面では、2月16日発表のGDP統計で、物価指標である「GDPデフレータ」の改善が認められたことや、19日発表の貿易統計で円安による輸出回復、原油安による輸入の減少が確認されたことは、市場参加者にとって前向きな驚きになったとSBI証券では分析しているのですわ。それを裏付けるかのように、2月10日から同27日までの株価上昇率は、NYダウ+1.5%、ナスダック+3.7%に対し、日経平均株価は+6.7%と大きく上昇したのですわ。

SBI証券では、こうした日経平均株価の上昇を先導したのが、形の上では「先物」であったという点について触れているのですわ。
それによると、2月12日から3月2日までの13営業日で、日経平均株価(現物)の騰落は10勝3敗だったものの、日経平均先物(大証・日中終値)は13連騰となったそうですわ。さらに、NY株安の一方、シカゴ日経平均先物が上昇し、翌日の日経平均上昇につながったケースも散見されたそうですのよ。先物市場で海外投資家が2月6日~13日の週以降、買い越しに転じていることもあり、現物市場ではやや消極的とみられた海外投資家が、まず先物市場で日本株に戻ってくる兆しかもしれない、とSBI証券では分析していますのよ。

次回もまた、このことについて取り上げるのですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券が教える期待の銘柄ですわ!】

ネット証券最大手のSBI証券は、手数料の安さ、顧客満足度の高さ等、色々と評判が良い会社なのですわ。 そんなSBI証券では、20万円以下で買える「日銀・GRIF」の後押し期待の銘柄についてHP上で紹介し …

【SBI証券で人気の「大和住銀-日本株アルファ・カルテット」を紹介しますわ!】

SBI証券の人気ファンドランキングで常に上位にランキングしている「大和住銀-日本株アルファ・カルテット」。 SBI証券ではこの人気ファンドについて、今回詳しく紹介してくれていますわ! このファンドは毎 …

【出遅れ好業績・割安銘柄を株価順で見てみるのですわ!】

SBI証券では、出遅れ好業績・割安銘柄を今回のマーケットレポートで詳細に紹介してくれているのですわ。 今回は、これら銘柄を株価順にしたものを紹介するのですわ。 これが、株価順の出遅れ好業績・割安銘柄な …

【SBI証券のマーケットレポートはとてもためになるのですわ!】

情報量の多さと行き届いたサービスで、多くのトレーダーの支持を集めるSBI証券。 SBI証券では、トレーダー向けのマーケット情報を頻繁に掲載していて、とてもためになるのですわ! 今回SBI証券では、サキ …

【成長(グロース)株投資法を見てみるのですわ!】

前回紹介したとおり、SBI証券では、「今が買い!?20万円以下で買える割安or成長期待の高配当銘柄は?」というテーマで、「割安(バリュー)株投資法」と、「成長(グロース)株投資法」を紹介しているのです …

トップへ戻る