【SBI証券が紹介する3月相場先取り「出遅れ・バリュー銘柄」を見てみるのですわ】

Pocket

豊富なサービスで使いやすいと評判のSBI証券
そんなSBI証券は、詳細なマーケット情報も魅力の一つなのですわ。
今回、SBI証券では、『3月相場先取り「出遅れ・バリュー銘柄」』を紹介しているのですわ!

2月16日、日経平均株価は、ついに終値ベースで18,000円の大台を回復したのは記憶に新しいところですわ。なお、終値による大台回復は、2007年7月24日以来なのですわ。
このことについて、SBI証券では『日経平均株価18,300円でさえ、「上昇過程の中の通過点」になる可能性は十分あると思われます。』としていますのよ。その理由として、日本の景気・企業業績の改善が着実に進んでいることを挙げていますわ。現在原油価格の下落に悩まされている商社や石油元売各社も、原油価格の下落に関する「陰」の部分が先に織り込まれ、逆にその他の産業での「陽」の部分は、これから織り込まれてくるとみられる、とSBI証券では分析していますわ。
また、今後、消費増税の影響が少なくなり、法人税減税の実施など、企業の純利益を押し上げる要因がいくつか表面化してくるのではないか、と予想していますのよ。このことから、今年の日経平均株価は20,000円回復を目指すのでは、としていますわ。

このように、現状、株価上昇の準備が整っているわけなのですが、SBI証券では、日経平均株価が18,300円を回復した現在、今後の株式市場での主役になり得る「出遅れ銘柄」は何かをピックアップしていますのよ。

SBI証券によると、第3四半期決算発表もあったことから、これまでは「決算実績や会社予想数値は、アナリスト予想よりも上回っているのか」という「第一印象」での反応が中心となって株価形成されてきた、としていますわ。そのために、株価水準や投資指標面で割安か、割高かといったことはあまり重視されていなかったとしていますわ。
このことから、業績面で不安が少なく、割安感が強い「バリュー銘柄」を中心に、改めて有望投資対象銘柄を探っているのですわ。
SBI証券が今回ピックアップするのは、

1 好業績・好配当が見込めるも、予想PERで割安感が強い銘柄(典型的バリュー銘柄)
2 株価面で出遅れている上、予想PERも業界平均を下回る銘柄
3 来期予想PERで最も出遅れている5業種から代表銘柄を狙う

とのことなのですわ。なお、分析対象はJPX400採用銘柄となるそうですのよ。というのも、この指数は、もともと株式流動性のみならず、利益計上の有無やROE(株主資本利益率)等も考慮されているため、ここに採用されているだけでも、一定条件を満たした「選別された銘柄」になっているとみなすことができるからとのことですのよ。
今回は、その中から、1の「好業績・好配当が見込めるも、予想PERで割安感が強い銘柄(典型的バリュー銘柄)」を見てみるのですわ!

この銘柄は下記の条件を満たすことが大前提なのですわ。

(A)今・来期ともに好業績が見込まれる銘柄であること
・今期・来期の予想営業増益率が10%以上
・今期の予想純利益が4週間で上昇していること(下方修正のリスクを下げる条件です)
・来期の予想純利益増加率が10%以上

(B)予想PERでみて割安感が強いこと
・今期予想PER16倍以下(JPX400銘柄の加重平均は16.3倍)
・来期予想PER14倍以下(同14.8倍)

(C)今期予想配当利回りが2%以上(JPX400銘柄の単純平均1.7倍)

これら条件を満たす銘柄を来期予想PERの低い順に並べたのがこちらなのですわ!

トヨタは米国経済の好調や円安を追い風に業績を拡大させてきたのですわ。来期も米国経済の拡大や円安効果が見込まれること、そして、国内も消費増税の影響が次第に少なくなってくることが予想され、増益基調が続きそうである、とのことですの。なお、「輸送用機器」(JPX400採用銘柄)の予想PER(加重平均)は、今期12.8倍、来期11.2倍であり、同業他社に対しても出遅れている、とのことですのよ。

JFEホールディングスは、自動車や造船、建材等の分野で需要が強い上、主要原材料の価格低下も追い風となると予想されていますわ。典型的な装置産業であり、エネルギーコスト低下のメリットはここから本格化してくる可能性もありそう、とSBI証券では予想していますのよ。来期の予想PERは業界平均(9.7倍)より高めですが、2014年4~12月期で営業利益が前年同期比51%増となり、通期予想(37%増益)を上回るペースで推移しているため、業績面では安心感が強い、とのことですわ。

ニチアスは、保温・断熱分野で先駆的な企業であり、納入先企業は多岐にわたっていますのよ。業績は堅調であるものの、投資家にとって認知度が低いことが、PERの低さにつながっている可能性がある、としていますわ。

次回もまた、出遅れ・バリュー銘柄について紹介しますわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券の米国株ストラテジーは必読ですわよ!】

ソフトバンクグループのSBI証券。 SBI証券では、充実したレポートも大きな特長の一つなのですわ! そんなSBI証券では、今回米国株についてスポットを当てていますのよ。 というのも、アメリカはGDPの …

【いよいよ衆院選!SBI証券の日本株投資戦略に注目ですわ!】

いよいよ今度の日曜日(12/14)に衆議院総選挙の投開票日を迎えますわ! 日経平均株価は、12月8日の始値段階で7年4カ月ぶりに18,000円の大台を回復しましたのよ。日銀の追加金融緩和、GPIF(年 …

【SBI証券の振替入金を紹介しますわ!】

様々なサービスを豊富な商品、投資情報の積極的な提供が特色の、SBI証券。 SBI証券では、ゆうちょ銀行口座から振替入金ができるのですわ! この振替入金は、普通の銀行口座からの入金と違うの?という方に説 …

初心者でも安心!使いやすい!SBI証券の特徴とは…!?

SBI証券は初心者でも使いやすいと評判なのです。 業界屈指の手数料の安さもさることながら、手数料プランも2種類あって、使い勝手が良いのが特徴なのですわ。 1注文の約定代金に応じて手数料の決まる「現物ス …

【SBI証券の銘柄レコメンド機能が拡充されましたわ!】

豊富な商品と多種多様なサービスで、充実したトレードができると評判のSBI証券。 そのSBI証券では、2015年1月30日より、国内株式の銘柄レコメンド機能を拡充したのですわ! どのようになったのかとい …

トップへ戻る