【SBI証券が教える期待の銘柄ですわ!】

Pocket

ネット証券最大手のSBI証券は、手数料の安さ、顧客満足度の高さ等、色々と評判が良い会社なのですわ。

そんなSBI証券では、20万円以下で買える「日銀・GRIF」の後押し期待の銘柄についてHP上で紹介していますのよ!

先月末に、日本のみならず世界のマーケットに衝撃を与えた、日銀による追加金融緩和発表の余波は未だに大きいですわ。
日経平均株価は11月4日までに1,000円を超える急騰を見せ、アベノミクス以降の高値を付けましたの。そこに加え今回の解散総選挙決定。3兆円規模の経済対策を実施することも発表されていますわ。過去の例からみても、解散から選挙までの日経平均は上昇することがほとんどのため、少なくとも投開票日までは株価は強気に推移するものと考えられますわ。

このような状況を踏まえ、SBI証券ではJPX日経400インデックスの構成銘柄に注目して、

○ 20万円以下で買える「高ROE銘柄TOP5」
○「低PER銘柄TOP5」
○「高配当利回り銘柄TOP5」

の3タイプに分けて銘柄を紹介していますの!

上記の3タイプの銘柄については、「「日本銀行」「GPIF」という2つの大投資家の後押しが期待出来る銘柄が、中・長期的な投資対象として良さそうである」として紹介していますわ。

選定方法も図で説明していてわかりやすい!!

SBI証券によると、20万円以下で買える「高ROE銘柄TOP5」については、「建設、自動車、情報・通信、サービス、銀行と様々な業種から選ばれた」とのことですの。

「低PER銘柄TOP5」については、「全て総合商社が選ばれており、極端に業種が偏っている」とのこと。

「高配当利回り銘柄TOP5」については、「総合商社が2社入っているものの、その他は石油・石炭製品、小売、自動車と分散している」とのこと。

3つのタイプに分類して選定した銘柄にそれぞれ特色が出るのが面白いですわ。

この他にも、「日銀の購入対象となるETF(JPX日経400連動型)時価総額上位 」も選定していますの。

というのも、2014年のNISA(少額投資非課税制度)の買付期限が年末に迫ることによる駆け込み需要を見込んで、個人投資家向けに、買いやすい最低投資金額20万円以下の銘柄の中から「JPX日経インデックス400採用銘柄」かつ「予想配当利回り・予想PERの面で、市場平均以下の銘柄」を後押し候補銘柄として選定してくれていますのよ!

この他にも色々と興味深い記事が載っていますわ。
今後の投資戦略の参考になりますわよ!

是非ともSBI証券で口座開設してみるのですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

初心者でも安心!使いやすい!SBI証券の特徴とは…!?

SBI証券は初心者でも使いやすいと評判なのです。 業界屈指の手数料の安さもさることながら、手数料プランも2種類あって、使い勝手が良いのが特徴なのですわ。 1注文の約定代金に応じて手数料の決まる「現物ス …

【SBI証券の日計り信用・HYPER空売りサービスを紹介しますわ!】

豊富なサービスで多くのトレーダーに支持されているSBI証券。 SBI証券では、日計り信用・HYPER空売りサービスが提供されていますのよ。 そもそも日計り信用取引とは、返済期限が当日の一般信用取引なん …

【SBI証券が外国株式を特定口座で取引できるようにする予定ですわ!】

豊富なサービスが多くのトレーダーの支持を集めるSBI証券。 SBI証券では、2015年内(予定)で、外国株式を特定口座で取引できるようにするそうですわ! 現在SBI証券で取り扱っている9ヶ国(米国、中 …

【SBI証券の投資信託トータルリターンサービスが近日スタートですのよ!】

SBI証券では、12月より投資信託のトータルリターンサービスが開始予定ですのよ! トータルリターンサービスが何かご存知ない方のために説明しますと、投資信託の分配金受取分を含めた損益や銘柄単位での損益管 …

【日米の株価がでカップリングしている背景は?】

SBI証券のマーケットレポートは非常に勉強になるのですわ! 今回SBI証券では、日米の株価についてのレポートを掲載していますのよ。それについて、3つのポイントから分析していますの。 今回はその中から『 …

トップへ戻る