【出遅れ好業績・割安銘柄を投資金額順で見てみるのですわ!】

Pocket

前回書いたとおり、SBI証券では、『日経平均19,000円!今後どうみる?好業績・割安銘柄が狙い目!?』というテーマでマーケットレポートを掲載していますのよ。
その中で、3つのテーマで銘柄を抽出しているのですわ。今回はそのうちの1番目、『買いチャンス拡大!?出遅れ好業績・割安銘柄 【投資金額順】』を見てみるのですわ!

このテーマですが、これは、今期・来期ともに大幅増益を見込みながらも、バリュエーション面・株価面で出遅れ感が強い銘柄を選んだとのことですのよ。

条件は、

(1)東証一部上場で、時価総額1千億円以上の銘柄
(市場から一定の信認を得ていると考えられることが条件)

(2)今期および来期予想(2社以上の市場コンセンサス)で、10%以上の営業利益の増加が見込まれている銘柄

(3)1月16日(日経平均が当面の安値)~3月6日(同高値)の株価上昇率が0%超10%未満の銘柄
(この間のTOPIX上昇率が13%のため、それを下回る上昇率を設定。ただし、下落も「問題」と考える。)

(4)来期予想PERが16倍未満である銘柄
(東証一部の今期予想PERは18倍ですが、来期予想PERは16~17倍に低下が見込まれる。)

これらの全条件を満たす銘柄を、最低投資金額の低い順にランキングしたのが下の表なのですわ。ただし、業種の重複は避けているのですわ。

掲載した銘柄の最低投資金額が低くなった背景には、これらの銘柄がすべて100株単位で売買できることも影響しているそうですわ。最低投資金額の低さは、個人投資家にとって投資の一歩を踏み出しやすいというメリットがあるのですわ。

三和ホールディングスは、重量・軽量シャッターの最大手ですわ。消費増税後の住宅着工が低迷したことを背景に、株価上昇率はあまり大きくなかったものの、消費増税後1年を経過することで、事業環境の改善が見込めそうである、とのことですわ。

コニカミノルタは、写真関係から撤退し、複写機や光学部品に経営資源を集めているため、収益の安定化が見込めそうとのことですのよ。主力の情報機器部門で欧州の売上高が4割弱を占めるため、ユーロ安が影響しやすく、その分、株価は出遅れているとみられるものの、米国の比率も3割程度と高く、為替の影響はある程度、相殺されそう、とのことですわ。

このほかにも個別銘柄の分析が色々と載っているので、興味のある方はSBI証券のHPをチェックするのですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【いよいよ衆院選!SBI証券の日本株投資戦略に注目ですわ!】

いよいよ今度の日曜日(12/14)に衆議院総選挙の投開票日を迎えますわ! 日経平均株価は、12月8日の始値段階で7年4カ月ぶりに18,000円の大台を回復しましたのよ。日銀の追加金融緩和、GPIF(年 …

【SBI証券のマーケット情報はためになりますのよ!】

SBI証券は、マーケットレポートを積極的にHPに掲載しているのが特徴で、とてもためになるものが多いのですわ。株だけでなく、為替や商品等、金融にまつわる様々なテーマでレポートを書いているのですわ。 そん …

【SBI証券の銘柄レコメンド機能が拡充されましたわ!】

豊富な商品と多種多様なサービスで、充実したトレードができると評判のSBI証券。 そのSBI証券では、2015年1月30日より、国内株式の銘柄レコメンド機能を拡充したのですわ! どのようになったのかとい …

【SBI証券の相場ピックアップ!に注目ですのよ!】

情報量の多さがトレーダーに嬉しいSBI証券。SBI証券では、定期的に相場の詳細なレポートを掲載しているのですわ。 今回SBI証券では銀行株について取り上げており、人気化の兆しを見せているとしているので …

【SBI証券の投資信託トータルリターンサービスが近日スタートですのよ!】

SBI証券では、12月より投資信託のトータルリターンサービスが開始予定ですのよ! トータルリターンサービスが何かご存知ない方のために説明しますと、投資信託の分配金受取分を含めた損益や銘柄単位での損益管 …

トップへ戻る