第十六回:PERって何でござるか?

Pocket

「これまで「分散投資」について説明したでござる。しかし個別銘柄をポートフォリオに加えるにはどの銘柄を買うか選ぶ尺度が必要でござる。今回はその説明をするでござる。」
「確かに銘柄を選ぶ尺度は必要ね。尺度がなければ何千もの銘柄から当たりを引くことは事実上不可能だと思うわ。」
「左様でござるな。尺度がなければその銘柄で儲けられる確率は極めてゼロに近いでござる。前回も少し触れ申したが尺度としては1つで十分でござる。」
「たった1つで良いの? 株式の本なんかで見ると尺度らしきものがいくつも有るみたいだけど…。」
「うむ。確かに株価を分析する指標はいくつもあるでござるよ。ただ全てを分析しても確実に勝てないでござるよ。株式投資で勝つには「投資」をする事が必要、「投資」とは長期間の保有を前提とするもので、尺度は参考程度の指標でござる。だからあまり多くを知っても意味がないでござるし、おそらく使いこなせないでござる。だから最低限の指標として割安性を判定するPERとPBRを知っていれば十分でござる。まずはPERから行くででござる。」

「PER…?」
「PERとは上記で示したように「PER=株価/一株当たりの利益」でござる。これは早い話がその銘柄を買った場合に何年で投資金額が回収できるかを表すものでござる。PERは投資金額を回収する期間を示すものであるので小さいほうが良いでござるよ。」
「大体どれくらいの数字が一般的なの?」
「大体日経平均で15~20位が相場でござる。これより低ければ割安と判断できるでござるな。但し、PERは簡単な指標であるがゆえに色々問題が有るでござる。まず業種間の比較がしにくい点であるでござる。又、企業のイレギュラー的な要因に左右されやすい点でござるな。だから使用する場合は同業種のPERを比較して、平均より低いかを判断するでござる。そして出来れば単年でなく数年間の比較をすると良いでござるな。くれぐれもPER単独で割安性を判断してはいけないのでござる。一般的に成長性の高い企業はPERが高くなりやすいし、逆の場合はPERが低くなるでござる。でも将来的に株価が上がるのは成長性が高い企業でござろうな。だからPERは万能ではないでござるよ。」
「PERかあ。一応覚えておくかあ…。」

関連記事

第十九回:買いのベストタイミングとは?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。そして不 …

第二十回:値上がり株の選定は?

「前回までで割安性を判断する指標としてPER, PBRを紹介したでござる。そして不当に安く株価が放置される時期があるでござる。この時に買いを仕込めば値上がりすると話したでござる。何か質問はあるでござる …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

第十七回:PBRって何でござるか?

「前回は企業の割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」を紹介したでござる。でもPERは万能でないことも説明したでござる。何か質問はあるでござるか?」 「万能じゃないって事はそんなに …

【10万円以内で買える銘柄に注目じゃ!】

ご存知のとおり、アベノミクスが開始されて以来、株式市場は盛り上がりを見せておるのじゃ。年明けからは、ヨーロッパの政情不安等で株価は下落したり、円相場も円高方向に向かうなど、株式市場にも影響が出たものの …

トップへ戻る