第十七回:PBRって何でござるか?

Pocket

「前回は企業の割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」を紹介したでござる。でもPERは万能でないことも説明したでござる。何か質問はあるでござるか?」
「万能じゃないって事はそんなに使える指標じゃないんじゃないかなあ。」
「左様でござるな。今回はもう一つの指標PBRについても説明するでござる。これも割安性を判断する指標でござるが、これもやはり万能ではないでござるよ。PERとPBRが低い銘柄は株価が上昇しやすいでござるが前提があるでござる。」
「前提…?」
「左様でござる。いくらPER, PBRが低くともその企業が赤字企業だとやっぱり駄目でござるよ。今後の成長が見込めるか成長が見込めなくとも安定な収益を確保できることが必要でござる。それがPER, PBRで銘柄選定を行う前提でござる。」

「PBRは「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」で表されるでござるよ。BPSとは会社を解散した場合に株主1人当たりに還元される金額のことでござる。原理的には事業をしている以上PBRが1を下回ることがないでござるよ。でも実際にはPBRが1以下の銘柄は山ほど有るでござる。これは市場の歪みでござるな。」
「PBR…?市場の歪み…?」
「つまり本来なら絶対に起こらないことが株価に反映されていると言うことでござる。つまり不当に安く株価がつけられている状態がわかるのでござるよ。このPBRはPERよりも他の要因を受けにくいので指標としてはより良いと思うでござる。でも先程述べたとおり、PERとPBRが低ければ本当に株価が上がるかについて次回以降考えてみるでござるよ。」

関連記事

【10万円以内で買える銘柄に注目じゃ!】

ご存知のとおり、アベノミクスが開始されて以来、株式市場は盛り上がりを見せておるのじゃ。年明けからは、ヨーロッパの政情不安等で株価は下落したり、円相場も円高方向に向かうなど、株式市場にも影響が出たものの …

PERの使い方を今一度学ぶのですわ!

今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。 インテルの株価が割安かどうかをPERを見て判断するのですが、その際にS&P500指数のPERとの比較をす …

第二十二回:トヨタ株でIR財務資料でCF計算書を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にして営業利益の確認、その後決算報告書類で貸借対照表(P7-8)、CF計算書(P13)、損益計算書(P9-12)を説明したでござる。」 「うんうん。営業利益までは分かった …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる③

「前回は ①目標を決めること ②必要な利回りを計算すること ③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶ の大切さを教えたでござる。 特に①の目標を決めることは大切でござるよ。 目標とはいくらの金額(元 …

【3万円以内で買える銘柄をチェックしてみるのじゃ!】

アベノミクス&日銀の追加金融緩和で活況となっている株式市場。株価は上昇し、NISA制度が利用できることからも、株式投資を始めやすい環境が整ってきておるぞ。 株価上昇の波に乗りたいものの、初期投資金額に …

トップへ戻る