第八回:「投資」と「投機」の中間をするでござる⑤

Pocket


「前回は
③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと
の大切さを教えたでござる。
分散の効果を一番享受できるインデックス投資信託について説明したでござる。
その中でくアクティブ投資信託とパッシブ投資信託について説明したでござる。」

「うんうん、積極的に利益を狙いに行くアクティブ投資信託と日経平均株価やTOPIXなどの指数との連動を目指すファンドがパッシブ投資信託というんでしょ。」

「左様でござる。
基本的にパッシブ投資信託=インデックス投資信託と考えてもらえば良いでござるよ。
インデックス投資信託の利点は市場全体を購入することであるでござる。
つまり市場自体が成長していれば基本的には負けないのでござる。
あくまで「投資」の場合のみでござるが。」


「そして「投資」をする上で大切なことは「投資」以外の余分なお金が取られないようにすることでござる。
投資信託は
①買うとき
②保有するとき
③売るとき
にそれぞれお金がかかるでござるよ。
それを考慮するとインデックス投資信託は①~③のお金がもっとも少なく済むのでござる。
纏めるとインデックス投資信託は市場全体に投資できて、且つ掛かるお金も抑えることが出来る優れものでござるよ。」

「なる程ね。」

「更にインデックス投資信託に慣れてきたら、インデックス投資信託と同じように市場に連動するETFという上場株式があるでござる。
この中の日経平均連動型やTOPIX連動型ETFはインデックス投資信託とほぼ同じでござるな。
ただ違いは、より①~③のお金が少なくできるのでござる。これを自分の購入銘柄に組めば分散投資に一歩前進でござるよ。」

「他に違いはないの?」

「ETFは利点は多いけれども購入単価が高いことが難点でござるな。一方、投資信託は千円程度から買えてハードルが非常に低いでござるな。
拙者もETFを買っているでござるよ。次回はさらに詳しく話すでござるよ。」

関連記事

【10万円以内で買える銘柄に注目じゃ!】

ご存知のとおり、アベノミクスが開始されて以来、株式市場は盛り上がりを見せておるのじゃ。年明けからは、ヨーロッパの政情不安等で株価は下落したり、円相場も円高方向に向かうなど、株式市場にも影響が出たものの …

【1万円で買える株を見てみるのじゃ!】

自民党が政権奪取し、安倍首相肝煎りの経済政策であるアベノミクスが実施されてきておるが、このアベノミクスのおかげで、それまで冬の時代が続いた日本の株価市場も急激に沸き立ったのじゃ。アベノミクスの第一の矢 …

第七回:「投資」と「投機」の中間をするでござる④

「前回は実際投資で大切なことは ①目標を決めること ②必要な利回りを計算すること ③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと の大切さを教えたでござる。 特に②について説明したでござる。 「投資」 …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

第十九回:買いのベストタイミングとは?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。そして不 …

トップへ戻る