第二十二回:トヨタ株でIR財務資料でCF計算書を確認するでござる

Pocket

「前回はトヨタのIR資料を参考にして営業利益の確認、その後決算報告書類で貸借対照表(P7-8)、CF計算書(P13)、損益計算書(P9-12)を説明したでござる。」
「うんうん。営業利益までは分かったんだけど貸借対照表(P7-8)、CF計算書(P13)、損益計算書(P9-12)にはさっぱり意味不明ね。説明よろしくね。」
「了解でござる。まずCF計算書(P13)からいくでござる。」
「どうやって?」
「先ずトヨタのホームページに行って(http://www.toyota.co.jp/jpn/investors/)、投資家のホームページを確認するでござる。下の画面でござるな。」

「この資料の中には大きく3つのCFがあるでござる。営業活動によるCF, 投資活動によるCF, 財務活動によるCFの3つでござる。」
「図の中で△は何を意味するの?」
「△はマイナスを意味するでござるよ。今回の場合は営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-, 財務活動によるCF総計:+でござるな。投資銘柄は営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-のモノを必ず選ぶでござるよ。営業活動によるCFの総計:-とは本業で利益を上げていない証拠でござる。更に、投資活動によるCF総計は通常将来の利益に向けた先行投資金に当たるのでここがマイナスだと今後の成長が危ないのでござる。よって購入しては駄目でござる。」
「なるほど、営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-ね。」
「ここを抑えれば先ずは第一弾クリアでござる。それ以外の指標は次回説明するでござる。ではまた。」

関連記事

第十八回:PBRとPERが低ければ株価は上がるでござるか?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。何か質問 …

第七回:「投資」と「投機」の中間をするでござる④

「前回は実際投資で大切なことは ①目標を決めること ②必要な利回りを計算すること ③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと の大切さを教えたでござる。 特に②について説明したでござる。 「投資」 …

第十六回:PERって何でござるか?

「これまで「分散投資」について説明したでござる。しかし個別銘柄をポートフォリオに加えるにはどの銘柄を買うか選ぶ尺度が必要でござる。今回はその説明をするでござる。」 「確かに銘柄を選ぶ尺度は必要ね。尺度 …

株?先物?FX?なぜ株を推奨するのか

そもそも なぜ先物でもなくFXでもなく株をわらわが娘たちに勧めたか。 株は資本金(余裕資金)が多く必要なのだけども 他の2つと比べると難易度としては1番簡単だということだからじゃ。 それに株は株主総会 …

【日経新聞の記事より】今、話題の会社の株価について紹介するのじゃ

株式会社ベネッセホールディングス【_9783_】 ニュースで少なくとも1回は名前を聞いたであろう 個人情報の漏えい問題で今話題の会社じゃ。 漏えい問題が発覚してから1週間。 ベネッセホールディングスが …

トップへ戻る