第二十三回:トヨタ株でIR財務資料で貸借対照表を確認するでござる

Pocket

「前回はトヨタのIR資料を参考にしてCF計算書(P13)を説明したでござる。」
「営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-ね。」
「左様でござる。今回は貸借対照表(P7-8)について説明するでござる。これはちょっと難しいでござるが貸借対照表は資産、負債、資本の3つからなり、資産=負債+資本の関係が成り立つでござる。通常下記の配列で記載されているでござるよ。」


(画像参考http://www.kabudream.com/financial/image/tai2.gif)

「更に資産, 負債の中には流動資産(負債)、固定資産(負債)と2種類有るでござるよ。流動と名がつくものは1年以内に決済が終了するもの(貸借対照表上から消えるもの)、固定と名がつくものは1年後にも貸借対照表上に残るものでござるよ。例えば、流動資産とはその名の通り資産でござるが一年以内にお金として会社に入ってくるモノを指すでござる。一方、流動負債とは一年以内に会社から出て行くお金の事を指すでござる。ここで考えて欲しいことは出て行くお金と入ってくるお金を比べた場合に、出て行くお金のほうが多い場合には注意が必要でござるよ。それは会社が稼いだお金以上を外部に払う意味になってしまうので、会社としての価値が1年後には下がることを意味しているのでござる。多少の差なら気にする必要がないでござるがあまりにも差が大きいと注意が必要でござるな。」
「なるほど、流動資産と流動負債の比較かあ。。」
「先ずここを抑えればOKでござる。次回はもう少し貸借対照表(P7-8)について説明するでござる。」

(画像参考URL:http://www.toyota.co.jp/jpn/investors/financial_results/2015/semi/yousi.pdf)

関連記事

第七回:「投資」と「投機」の中間をするでござる④

「前回は実際投資で大切なことは ①目標を決めること ②必要な利回りを計算すること ③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと の大切さを教えたでござる。 特に②について説明したでござる。 「投資」 …

円安がもたらす株への影響とは!?

加速する円安 今、日本の為替市場は円安になっておる。 例えば1ドルが150円から100円になった場合…「円高・ドル安」になると輸入時に安く品物を仕入れられる。 15,000円で買えたものが10,000 …

ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。 ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような …

第十九回:買いのベストタイミングとは?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。そして不 …

第十八回:PBRとPERが低ければ株価は上がるでござるか?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。何か質問 …

トップへ戻る