第三回:じゃあ株式への資金投入はどうするのが良いでござるか?

Pocket

前回の復習からでござる。

「投機」とはゼロサムゲームのことを指し
勝つ人と負ける人が必ず存在することを説明したでござる。

一方、「投資」とは非ゼロサムゲームのことを指し
全員が勝てる可能性があることを説明したでござる。

思い出して頂けたでござるか?

第一回ではウォーレンバフェット氏の話も引き合いに出し
株式に資金投入する場合には「投資」をするのが良いとの指摘も有り申した。

さて拙者の見解は…

その「中間」が妥当な投資家ではないか、と考えるでござる。

何故ならウォーレンバフェット氏の投資方法は
一般お方々には少し実行が難しい可能性があるからでござる。

氏の投資方法は簡単でござる。

①きちんとした経営者が経営を行っている
②将来にわたって利益の成長が見込める
③自分が理解している業界である
④その株式が割安な時にのみに投資する

とこの4点のみでござる。

各々方はいつ買うか、いくらで買うかを
必死で考えるかもしれませぬが
財務諸表を始めとして経営者の資質
その業界で対象会社が利益を上げる優位性まで
考えたことがあるでござろうか?

加えて、基本的に氏は、たとえ値下がりしたとしても売らないし
値上がりしたとしても最初の条件が維持されていれば
利益を確定することもないのでござる。

各々方はリーマンショック時に世界中の株式が
暴落したことを覚えているでござろう。

その時に株式を保有し続けれたか?
さらに自分が持っていた株をさらに追加買い出来たでござろうか?

大半の方々は無理だったのではないかと存じ上げる。
これが拙者が「投資」と「投機」の中間を推す理由でござる。

その中間の株式売買については次回説明するでござる。それでは又。

【初心者に優しい証券会社なら…?松井証券!】

関連記事

第十五回:纏めでござる

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明 …

決算発表で営業利益が大幅増加した業種を見てみるのですわ!

主力企業の中間決算発表は11/13までで事実上終了したことを受け, SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載して …

【3万円以内で買える銘柄をチェックしてみるのじゃ!】

アベノミクス&日銀の追加金融緩和で活況となっている株式市場。株価は上昇し、NISA制度が利用できることからも、株式投資を始めやすい環境が整ってきておるぞ。 株価上昇の波に乗りたいものの、初期投資金額に …

第二十二回:トヨタ株でIR財務資料でCF計算書を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にして営業利益の確認、その後決算報告書類で貸借対照表(P7-8)、CF計算書(P13)、損益計算書(P9-12)を説明したでござる。」 「うんうん。営業利益までは分かった …

ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。 ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような …

トップへ戻る