ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

Pocket

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。
ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような独自の経済政策で経済危機を脱することができないことが問題なのですわ。

では、そもそも経済危機以前のギリシャはどんな経済構造だったのでしょうか?

ギリシャと言えば、パルテノン神殿などの遺跡や、白い壁の家が立ち並ぶ地中海の美しい島々など、観光地としてのイメージが強いのではないかしら?以前も書いたとおり、ギリシャの主要産業は観光業と海運業ですわ。

実際、ギリシャは観光業がGDPのおよそ20%にもなりますのよ。観光立国は不況のあおりを受けやすいのが特徴ですわ。というのも、世界的に不況になった場合、まずは観光等のレジャー費を皆抑えようとするからですわ。そのため、観光そのものに行かなくなったり、もっと安く観光できる国に行くようになりますのよ。また、以前書いたように、ギリシャでは頻発するデモで治安が悪化したり、ストライキ等で交通機関がマヒするなど、観光客が寄りつかなくなるような状態になっていたのですわ。

ギリシャが観光立国でいられたのも、同じヨーロッパに、イギリス、ドイツ、スイス等、所得の高い国があったからですわ。しかし、欧州全体が不況に陥ってしまうと、今までギリシャに来ていた観光客は、より安く観光できる他の国へ奪われてしまいますわ。これに対し、ギリシャは為替レートの切り下げで対応し、観光客の減少に歯止めをかけることができませんわ。なぜなら、共通通貨のユーロを使用しているからなのですわ。

その後のギリシャは、EUとIMFによる財政再建要求を呑み、公務員改革、年金改革を実施したのですわ。その甲斐あってか、2013年にはプライマリー予算の黒字化になんとか成功し、2014年4月には3bnユーロの五年債を5%弱のクーポンで発行することができるまでになりましたわ。また、株価指数が欧州債務危機後の最安値から約2年で3倍近く上昇し、目玉の観光業もようやく持ち直してきましたのよ。複数の外資系企業がギリシャへの投資を決定し、アテネ近郊やイオニア海の島々のリゾート開発を外資系企業が行うなど、一時に比べて活気が戻った時期もあったのですわ。

関連記事

行動心理学から見る女性にピッタリの投資法とは?!

みなさま、ごきげんよう! 株セレブでございます。 ビジネス誌の「月刊ビッグ・トゥモロウ」より 取材の依頼がございまして、自宅サロンでお話しいたしましたの。 記事の内容は 男性と女性の投資について 行動 …

決算発表で営業利益が大幅増加した業種を見てみるのですわ!

主力企業の中間決算発表は11/13までで事実上終了したことを受け, SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載して …

第五回:「投資」と「投機」の中間をするでござる②

「前回は「分散」について説明したでござる。 具体的な「分散」とは買う時間、買う銘柄、株式を買う国 投資商品全てでござるな。」 「私みたいに1つの銘柄に全財産を投入するのは駄目でございますわね。」 「左 …

第十六回:PERって何でござるか?

「これまで「分散投資」について説明したでござる。しかし個別銘柄をポートフォリオに加えるにはどの銘柄を買うか選ぶ尺度が必要でござる。今回はその説明をするでござる。」 「確かに銘柄を選ぶ尺度は必要ね。尺度 …

第十五回:纏めでござる

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明 …

トップへ戻る