ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

Pocket

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。
ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような独自の経済政策で経済危機を脱することができないことが問題なのですわ。

では、そもそも経済危機以前のギリシャはどんな経済構造だったのでしょうか?

ギリシャと言えば、パルテノン神殿などの遺跡や、白い壁の家が立ち並ぶ地中海の美しい島々など、観光地としてのイメージが強いのではないかしら?以前も書いたとおり、ギリシャの主要産業は観光業と海運業ですわ。

実際、ギリシャは観光業がGDPのおよそ20%にもなりますのよ。観光立国は不況のあおりを受けやすいのが特徴ですわ。というのも、世界的に不況になった場合、まずは観光等のレジャー費を皆抑えようとするからですわ。そのため、観光そのものに行かなくなったり、もっと安く観光できる国に行くようになりますのよ。また、以前書いたように、ギリシャでは頻発するデモで治安が悪化したり、ストライキ等で交通機関がマヒするなど、観光客が寄りつかなくなるような状態になっていたのですわ。

ギリシャが観光立国でいられたのも、同じヨーロッパに、イギリス、ドイツ、スイス等、所得の高い国があったからですわ。しかし、欧州全体が不況に陥ってしまうと、今までギリシャに来ていた観光客は、より安く観光できる他の国へ奪われてしまいますわ。これに対し、ギリシャは為替レートの切り下げで対応し、観光客の減少に歯止めをかけることができませんわ。なぜなら、共通通貨のユーロを使用しているからなのですわ。

その後のギリシャは、EUとIMFによる財政再建要求を呑み、公務員改革、年金改革を実施したのですわ。その甲斐あってか、2013年にはプライマリー予算の黒字化になんとか成功し、2014年4月には3bnユーロの五年債を5%弱のクーポンで発行することができるまでになりましたわ。また、株価指数が欧州債務危機後の最安値から約2年で3倍近く上昇し、目玉の観光業もようやく持ち直してきましたのよ。複数の外資系企業がギリシャへの投資を決定し、アテネ近郊やイオニア海の島々のリゾート開発を外資系企業が行うなど、一時に比べて活気が戻った時期もあったのですわ。

関連記事

第二十三回:トヨタ株でIR財務資料で貸借対照表を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にしてCF計算書(P13)を説明したでござる。」 「営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-ね。」 「左様でござる。今回は貸借対照表(P7-8)について …

【3万円以内で買える銘柄をチェックしてみるのじゃ!】

アベノミクス&日銀の追加金融緩和で活況となっている株式市場。株価は上昇し、NISA制度が利用できることからも、株式投資を始めやすい環境が整ってきておるぞ。 株価上昇の波に乗りたいものの、初期投資金額に …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

第五回:「投資」と「投機」の中間をするでござる②

「前回は「分散」について説明したでござる。 具体的な「分散」とは買う時間、買う銘柄、株式を買う国 投資商品全てでござるな。」 「私みたいに1つの銘柄に全財産を投入するのは駄目でございますわね。」 「左 …

第七回:「投資」と「投機」の中間をするでござる④

「前回は実際投資で大切なことは ①目標を決めること ②必要な利回りを計算すること ③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶこと の大切さを教えたでござる。 特に②について説明したでござる。 「投資」 …

トップへ戻る