【3万円以内で買える銘柄をチェックしてみるのじゃ!】

Pocket

アベノミクス&日銀の追加金融緩和で活況となっている株式市場。株価は上昇し、NISA制度が利用できることからも、株式投資を始めやすい環境が整ってきておるぞ。
株価上昇の波に乗りたいものの、初期投資金額に何十万も何百万もかけられない、という方もいるのでは?
そんな方のために、今回は3万円で買える株を紹介するのじゃ!

●飛鳥建設
(東1 1805) 株価266円 売買単位…100株 PER…36.79 PBR…3.81 決算月…3月
土木を主軸に置く建設会社。かつては準大手ゼネコンの規模であったが、バブル崩壊後は金融支援を3度受けるなど苦難の歴史がある。しかし、技術力には定評があり『防災のトビシマ』として知られている。防災関連工事の他に、青函トンネルをはじめとした主要なトンネル工事、後楽園球場等の巨大スポーツ施設の建設の実績もあるため、東京五輪、国土強靭化計画の恩恵を受ける可能性がある。

●双日
(東1 2768) 株価158円 売買単位…100株 PER…6.0 PBR…0.43 配当利回り…3.16% 決算月…3月
言わずと知れた大手総合商社。その中でもとりわけ自動車や航空機関連に強い。インドの鉄道向け電気設備工事を受注するなど業績は好調で、今期は24%増益予想をしている。

3万円で買える株は、この他にも色々あるぞ!
1万円の時に比べ、東証一部の銘柄が多くなり、流動性も高くなるために値動きもあって取引しやすいのじゃ。
デイトレでも中長期保有でも、自分のトレードスタイルに合わせて選べるものが多くなるのじゃぞ。
次回はさらに金額を上げて、10万円以内で買える株を見てみるのじゃ。

関連記事

2001年9月11日、同時多発テロによって株価は…

今日は9月11日ということで 過去に起こった株価に関わる大きな事件について書くことにするのじゃ。 2001年9月11日 イスラム過激派によってハイジャックされたジャンボジェット機が アメリカの世界貿易 …

第八回:「投資」と「投機」の中間をするでござる⑤

「前回は③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶことの大切さを教えたでござる。分散の効果を一番享受できるインデックス投資信託について説明したでござる。その中でくアクティブ投資信託とパッシブ投資信託に …

PERの使い方を今一度学ぶのですわ!

今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。 インテルの株価が割安かどうかをPERを見て判断するのですが、その際にS&P500指数のPERとの比較をす …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

第十五回:纏めでござる

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明 …

トップへ戻る