【10万円以内で買える銘柄に注目じゃ!】

Pocket

ご存知のとおり、アベノミクスが開始されて以来、株式市場は盛り上がりを見せておるのじゃ。年明けからは、ヨーロッパの政情不安等で株価は下落したり、円相場も円高方向に向かうなど、株式市場にも影響が出たものの、大筋ではやはり株式市場は活況であると言えるのじゃ。
前回は3万円で買える銘柄について見てみたが、今回は金額を上げて、10万円で買える銘柄を観てみるぞ!

●東急不動産ホールディングス
(東1 3289) 株価816円 売買単位…100株 PER…19.87 PBR…1.33 決算月…3月
主力の都市事業は、新規物件が増加しつつ空室率が低水準。賃料引き上げが進めば、さらなる増収・増益が見込める。

●セブン銀行
(東1 8410) 株価484円 売買単位…100株 PER…24.63 PBR…3.60 配当利回り…1.55% 決算月…3月
セブン&アイホールディングスのグループ企業。セブンイレブンやイトーヨーカドー等に設置されているATM事業が順調。

10万円で買える株は、この他にも色々あるぞ!
10万円となると、東証一部の銘柄がだいぶ増え、銘柄の種類も豊富になってくるのう。流動性が高い銘柄が増え、安定した企業が多くなってくるのが特徴じゃ。
3万円で買える銘柄以上に、自分のトレードスタイルに合わせた銘柄が選びやすくなるのじゃ。配当や株主優待が出るものも増えてくるぞ。

3回に渡り、少額資金で取引できる銘柄を紹介したのじゃ!資金が少ないトレーダーは、このように少額で取引できる銘柄もあるので、あきらめずに探してみることが肝要じゃぞ!

関連記事

株?先物?FX?なぜ株を推奨するのか

そもそも なぜ先物でもなくFXでもなく株をわらわが娘たちに勧めたか。 株は資本金(余裕資金)が多く必要なのだけども 他の2つと比べると難易度としては1番簡単だということだからじゃ。 それに株は株主総会 …

第八回:「投資」と「投機」の中間をするでござる⑤

「前回は③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶことの大切さを教えたでござる。分散の効果を一番享受できるインデックス投資信託について説明したでござる。その中でくアクティブ投資信託とパッシブ投資信託に …

第二十回:値上がり株の選定は?

「前回までで割安性を判断する指標としてPER, PBRを紹介したでござる。そして不当に安く株価が放置される時期があるでござる。この時に買いを仕込めば値上がりすると話したでござる。何か質問はあるでござる …

第十六回:PERって何でござるか?

「これまで「分散投資」について説明したでござる。しかし個別銘柄をポートフォリオに加えるにはどの銘柄を買うか選ぶ尺度が必要でござる。今回はその説明をするでござる。」 「確かに銘柄を選ぶ尺度は必要ね。尺度 …

第十七回:PBRって何でござるか?

「前回は企業の割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」を紹介したでござる。でもPERは万能でないことも説明したでござる。何か質問はあるでござるか?」 「万能じゃないって事はそんなに …

トップへ戻る