【日経新聞の記事より】今、話題の会社の株価について紹介するのじゃ

Pocket

株式会社ベネッセホールディングス【_9783_】

ニュースで少なくとも1回は名前を聞いたであろう
個人情報の漏えい問題で今話題の会社じゃ。

漏えい問題が発覚してから1週間。
ベネッセホールディングスが顧客への補償として200億円を準備したと発表したのじゃ。
これは2015年3月期の連結純利益を213億円と予想していたから、重くのしかかる金額となっておる。
容疑者が逮捕され、補償の為に用意する金額も明らかにしたが
課題は山積みじゃ。

今後の再発防止への対策や
情報管理の強化などコスト負担もかさむとみられ、今期業績の悪化は避けられない。
株価の反発にも時間が掛かるとよそうされておるのじゃ。

2014年7月18日現在のベネッセHDの株価

前日終値 4,160
始値 4,040
高値 4,100
安値 4,030
出来高 508,900株

東証一部
単元株数→100株
株価4,100円(2014年7月18日/12:30現在)
PER→18.55倍
PBR→1.89倍


株価:3%安

関連記事

ギリシャショック前のギリシャはどんな経済構造だったのかしら?(ギリシャ問題とユーロその5)

前回までは、通貨発行権を持つ国が経済危機に直面した場合、どのような方法で危機を脱したか、ということについて紹介したのですわ。 ギリシャの場合、通貨発行権がないため、例に挙げたタイやインドネシアのような …

円安がもたらす株への影響とは!?

加速する円安 今、日本の為替市場は円安になっておる。 例えば1ドルが150円から100円になった場合…「円高・ドル安」になると輸入時に安く品物を仕入れられる。 15,000円で買えたものが10,000 …

【1万円で買える株を見てみるのじゃ!】

自民党が政権奪取し、安倍首相肝煎りの経済政策であるアベノミクスが実施されてきておるが、このアベノミクスのおかげで、それまで冬の時代が続いた日本の株価市場も急激に沸き立ったのじゃ。アベノミクスの第一の矢 …

第十五回:纏めでござる

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明 …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる①

「今回からゲストを呼んだでござる。」 「よろしくね。私も株をやってるけどなかなか勝てませんわよね。」 「左様でござるな。前回の話の中で株式に勝つには 「投資」と「投機」の中間をすることを薦めたでござる …

トップへ戻る