stock station

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その3)】


24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」は、Candle Chartの名前でローソク足が用意されているよ。

前回・前々回と、基本的なローソク足の説明をしたよ。今回もその続きで、基本的なローソク足を説明するよ!

今回見るのはこのローソク足。

十字線

その名の通り、十字型になっているよ。上ヒゲも下ヒゲも比較的短いのが特徴だよ。始値と終値が同じになっているんだよね。十字線は、売りと買いの両方とも思いきった動きができず、相場を様子見していることを示しているの。相場の流れが変わる時にこの形のローソク足が出やすいよ。この形が基本形になっている、ということを覚えてね!

足長同時線

別名「寄せ線」とも言うよ。十字線同様、売りと買いのエネルギーが拮抗している時に出るよ。十字線同様、相場の流れが変わる時に出るんだけど、売り・買いのどちらかのパワーが勝てば、その方向に大きく動きだす可能性があるの。まさに攻防の分岐点といった感じの時にこのローソク足が出るんだよ。

寄引同時線

上ヒゲも下ヒゲもない、横一文字の線。始値と終値が同じになっている上に、まったく価格の変動がなかったということを表しているよ。株取引の場合、寄り付き後、値がつかず、ストップ安やストップ高になった時に出現するよ。勢いが止まったことを示しているから、消極的な相場の状況を表しているんだよね。

今回紹介したローソク足も、この記事の最初の方に載せたユーロドルの「ProfessionalChart」にも出てきているわ。その後どういう動きになっているか確認してみて!

相場の状況が読み取りやすいローソク足での取引をしたいなら、24オプションの「ProfessionalChart」がお薦めだよ!多機能だけど、複雑になりすぎないように必要な機能を搭載しているので、使いやすいこと間違いなしだよ!!

24オプションの口座開設は、こちらをクリック↓

【カテゴリ】バイナリー攻略法

投稿日:

関連記事

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その2)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 「ProfessionalChart」のユーロドルのチャートはローソク足での表示がされているんだけど、このロー …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その4)】

今回見るローソク足の組み合わせはかぶせ線と呼ばれるものだよ。 かぶせ線は、急上昇を続けた高値圏で現れる2本のローソク足の組み合わせなんだよね。1本目の陽線にかぶせるような形で陰線が出現するんだよ。この …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その4)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。MacDやRSIといったテクニカル分析ができる、便利なチャートだよ。もちろんローソク足も搭載されているの! 前回 …

【チャートの形を見てみよう!(その1)】

「ニュースなんかで○円の節目を超えられず再下落」なんていうフレーズを耳にすることがあるよね。この節目というのは、過去に上昇や下落が止まることが多かった価格水準ということなんだよ。 この価格を目安として …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その3)】

前回、はらみ線について取り上げたよ。今回は、このはらみ線の中から、陽の陽はらみと陰の陰はらみを説明するよ。 陽の陽はらみとは、陽線がその前の陽線の範囲内に収まっているものになるよ。この組み合わせはロー …

トップへ戻る