stock station

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その1)】


24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」

これまで何回かに分けて、実際の「ProfessionalChart」を見ながら、そのチャートの形やレート、レジスタンスラインやサポートラインの位置など、取引のタイミングの参考にできるものを解説してきたわ!
実際に見てきたのはこのユーロドルのチャートなんだけど、このチャートを形成しているのは、「ローソク足」と呼ばれる、値動きを一目で分かるようにあらわした独特の図形なんだよね。
このローソク足は、その形から色々な情報が読み取れるの!
このローソク足にはどんなものがあるのかを解説するよ!

まずローソク足だけど、この形はこういうことを表わしているの。
「知ってるよ!」という人がほとんどだと思うけど、一応説明すると、

ということなんだよね。

この文の最初の方に載せた「ProfessionalChart」は5分足だけど、この5分足は5分ごとの値動きをローソク足であらわしているの。5分ごとの始値、終値、高値、安値が表わされているんだよ。

そして、このローソク足の中でも非常にシンプルな形のものを二つ挙げるよ。

○大陽線(図の右側)

上ヒゲも下ヒゲもまったくない長い陽線。陽線ということは、始値<終値である、そして、途中のレートが始値未満になることなく上昇していき、終値=高値で終わったことを意味しているよ。
この線は、買いの勢いが非常に強く、レートを一気に持ち上げるエネルギーに満ちている、ということを表しているの。株の場合は投資家の買い意欲が強い、ということを意味しているし、為替の場合だと、例えばドル円の場合、指標の結果や経済に関わる大きなニュース(金融政策等)が出て、ドル買いが進んで円売りの勢いが止まらない、ということを表わしているよ。この線が出ると、レートはさらに上昇していく確率が高まるの。特に、底値付近で出たら要チェックだよ!

○大陰線(図の左側)
上ヒゲも下ヒゲもまったくない長い陰線。陰線であるということは、始値>終値である、そして、途中のレートは始値を上回ることはなくそのまま下落していき、終値=安値で終わったことを意味しているよ。
この線は、売りの勢いが非常に強いことを意味しているの。株で言えば、投資家が総悲観論に陥って、投げ売り状態ということになるよ。為替の場合だと、例えばドル円の場合、指標の結果や経済に関わる大きなニュース(金融政策等)が影響し、リスクヘッジのためにドルを売って円を買う動きが止まらない、ということを意味しているの。

基本のサインの復習になったかな?
ローソクからの情報を読み取ることで、勝率も高まるよ!
使いやすい「ProfessionalChart」でローソク足を観察して取引に生かしてみて!

24オプションの口座開設は、こちらをクリック↓

【カテゴリ】バイナリー攻略法

投稿日:

関連記事

【チャートの形を見てみよう!(その3)】

前回までは、ダブル底、トリプル底という、底の形に特徴のあるチャートの形を見てきたよ。 今回はその逆で、天井に特徴のあるチャートの形を見てみるよ! このチャートはダブル天井と呼ばれるチャートの形だよ。ダ …

【チャートの形を見てみよう!(その4)】

前回はダブル天井を見たよ! 今回見るのは、このダブル天井をより強くした形だよ!トリプル天井、あるいは三尊天井(さんぞんてんじょう)という形だよ。 この形は高値圏でよく見られる形状の一つで、3つの山形を …

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その6)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 便利なこのチャートではローソク足(Candle Sticks)を使って、取引のタイミングと適切な取引の種類を組 …

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その3)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」は、相場の動きを予測したり分析するのにとても便利だよ。 日本で一番なじみ深いローソク足(Candle Sticks …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その1)】

これまで、ローソク足のチャートを色々見てきて、1つ1つのローソク足の形の意味、そして、たくさんのローソク足から成る、チャートの形から、相場の流れを見てきたよ。 今回は、ローソク足の組み合わせを見ること …

トップへ戻る