stock station

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その5)】


24オプションのテクニカルチャートの「ProfessionalChart」は、相場の動きを分析して、取引のタイミングを見るのにとても便利だよ!
特にローソク足(Candle Sticks)でこのProfessionalChartを見て、ベストな取引のタイミングを見つけることがバイナリーオプション上達の近道なの。

例えばこのチャート。このチャートはある日のユーロドルの5分足のチャートだよ。

白い四角で囲んだローソク足だけど、この十字線は上にも下にも長くなっているわ。これを足長と読んだりもするんだけど、この印が出る場合は売りと買いの勢いが拮抗している時に出るの。
この印が出る時は、トレンドの転換を表していることが多いの。

この例の場合は、前のローソク足が陽線になっていて、ここでは十字線になってしまっている、ということだから、この後下がるのでは?と考えられるわけ。このチャートでは一時的に狭いレンジの中を動いているだけだから、下降トレンドが続くかは分からないけど、この十字線が出たということは一時的とはいえ、相場の転換を示していると判断して良いよ。

長期取引をする場合はこんな風に細切れにローソク足を見ることはしないので、今回の場合は、あくまで短期取引する時の判断材料である、ということだよ!こういう時には30秒や60秒といった短期取引はもちろん、2分なんかも良いよね。

「ProfessionalChart」を見て、取引のタイミングとどの短期取引を合わせるかで、きっと勝率もアップするよ!

24オプションの口座開設は、こちらをクリック↓

【カテゴリ】バイナリー攻略法

投稿日:

関連記事

【チャートの形を見てみよう!(その1)】

「ニュースなんかで○円の節目を超えられず再下落」なんていうフレーズを耳にすることがあるよね。この節目というのは、過去に上昇や下落が止まることが多かった価格水準ということなんだよ。 この価格を目安として …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その2)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 「ProfessionalChart」のユーロドルのチャートはローソク足での表示がされているんだけど、このロー …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その2)】

前回は包み線を見てみたよ!今回見てみるのは、はらみ線という組み合わせの2本のローソク足だよ。 はらみ線というのは、1本前のローソク足の範囲内に収まるローソク足が次にでた場合のことだよ!1本前のローソク …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その6)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。ローソク足の表示ができて、MacDやRSIといったテクニカル分析、そしてチャート上に線がかけるなど、自分好みにカ …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その3)】

前回、はらみ線について取り上げたよ。今回は、このはらみ線の中から、陽の陽はらみと陰の陰はらみを説明するよ。 陽の陽はらみとは、陽線がその前の陽線の範囲内に収まっているものになるよ。この組み合わせはロー …

トップへ戻る