stock station

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その2)】


24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。
ローソク足(Candle Sticks)も常備されていて、使いやすいの。
このProfessionalChartを使うことで、より一層取引の精度が上がると思うわ!

例えばこのチャート。このチャートはある日のユーロドルの5分足のチャートだよ。

ななめに引かれたピンクの線は、それぞれのローソク足の下ヒゲと上ヒゲに大まかに線を引いたものなの。
三角形に似た形になっているけど、これは三角もちあいと言って、上や下に抜ける一つの目印になる形なの。
本来の三角もちあいは、もっとペナント型(三角形の旗)なんだけど、この例の場合は短時間で見ているから、きれいなペナント型ではなく、山を横にしたような形になっているわ。
上が切り下がり、下が切り上がっていく三角もちあいは、相場がどちらに転ぶかわからない…と言われているの。
でも、このチャートでは、結局上に抜けているよ。
その目安として、水色のサポートラインよりも下ヒゲが下がらなかったということが一つのポイントになるの。つまり、この時上昇の勢いが強かったということを示しているんだよね。
こんな風に、定番と言われるチャートの形とボトムラインの位置を見極めることで、ある程度相場の流れが予想できるよ。
こういうサインを見逃さずにバイナリーオプションの取引をすることが大切だよ!
レートの動きを見ながら、どれくらいの長さの取引をするのか、また、取引の種類をハイ&ローにするのか、それともワンタッチにするのか…等、色んなパターンで取引することができるよね。
テクニカルチャートを活用して、バイナリーオプション取引を楽しんでね!

24オプションの口座開設は、こちらをクリック↓

【カテゴリ】バイナリー攻略法

投稿日:

関連記事

バイナリーオプションとFXとの違いを見てみよう!(その2)

3.トレード時間 バイナリーでは最短30秒から長くて24時間までぐらいかな。 FXは短くても数分からで、長いときは1年以上ということもあるようね。 もちろんFXは任意の時間に決済できるんだから、やろう …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その6)】

前回は出会い線を見てみたよ。 今回は切り込み線と呼ばれるローソク足の組み合わせだよ。 最初が陰線、次は陽線のローソク足の組み合わせのことだよ。以前紹介したかぶせ線と同様、2番目のローソク足の胴の部分の …

【チャートの形を見てみよう!(その4)】

前回はダブル天井を見たよ! 今回見るのは、このダブル天井をより強くした形だよ!トリプル天井、あるいは三尊天井(さんぞんてんじょう)という形だよ。 この形は高値圏でよく見られる形状の一つで、3つの山形を …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その1)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 これまで何回かに分けて、実際の「ProfessionalChart」を見ながら、そのチャートの形やレート、レジ …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その3)】

前回、はらみ線について取り上げたよ。今回は、このはらみ線の中から、陽の陽はらみと陰の陰はらみを説明するよ。 陽の陽はらみとは、陽線がその前の陽線の範囲内に収まっているものになるよ。この組み合わせはロー …

トップへ戻る