stock station

取引の種類【バイナリーオプション】


■バイナリーオプションにはどんな取引があるの?■

バイナリーオプションには、その名前の由来にもなっている「ハイ&ロー」という取引以外に、「ワンタッチ」「レンジ」という取引方法が主なものとしてあるわ。

業者によって提供している取引の種類に違いがあるから、自分の投資戦略に応じて取引方法を変えたり、できる取引を確認した上で、どの業者で取引をするかを決めてね!

【ハイ&ロー】

バイナリーオプションの人気に火をつけた、代表的な取引だよ。判定ラインより上か下かを予想して、チケットを購入するの!
現在のレートが判定ラインになって、判定時間のレートが現在より上がるか下がるかを予想する、シンプルな取引だから分かりやすいのが最大のメリット。予想が当たれば、ペイアウト率によって払い戻しがあるわ。

【ワンタッチ】

決められた判定ラインにタッチするかしないか、という取引。開始時間から終了時間までの間に、一度でも判定ラインの価格にタッチ(到達)するか、しないかを予想するの!
ハイ&ローと違い、判定時間の際にタッチしているかどうかを見るんじゃなく、判定時間までの間に一度でもタッチしたかどうか、というのがポイント。だから、一度でもタッチしてしまえばその時点で利益が確定するわ。
それほど価格が変動しない相場や通貨ペアの時には「タッチしない」、また、ポンド円のようにもともと値動きが激しい通貨ペアや、重要な指標が発表された時には乱高下しやすくなるから「タッチする」という予想がしやすい取引になるよ!

【レンジ】

決められた判定ラインの範囲内におさまるかおさまらないかを予想する取引方法だよ。判定時刻になった時、設定された範囲内のどこにおさまるかorおさまらないかを予測しなくてはならないの。
現状のレートと一緒に判定ラインが常時動いている状態だから、ハイ&ローやワンタッチつに比べると複雑そう…。でも、予想がちょっと難しくなる分、上記2つに比べてペイアウト率が高く設定されることが多いの!
レンジは、FXやバイナリーオプションの経験をある程度積んだ、中・上級者向けの取引かもね。

バイナリーオプションの取引の種類は分かってもらえたかな?相場を予想する難易度には差があるけど、どの取引も、バイナリーオプション最大の特徴の「二者択一」が共通しているよね。
自分の取引スタイルや、何より自分との相性を見た上で、どの取引方法を選ぶかを考えてみてね!

【カテゴリ】バイナリー基礎

投稿日:

関連記事

取引する際の注意点【バイナリーオプション】

ここまで、バイナリーオプションの特徴、魅力、取引の種類、そして株やFXとの比較を取り上げてきたわ。 忘れてはならないのは、バイナリーオプションも投資の一種。つまり、株やFX同様、取引の際に注意すべきリ …

結果がすぐ出るのが魅力【バイナリーオプション】

FXと大きく違うところは、やっぱり取引の結果が分かるのが圧倒的に早いということかしら。 FXにもスキャルピングという短期決着の手法があるけど、いくら短期と言ってもせいぜい数十分。 どうしてかというと、 …

バイナリーオプションの取り扱い銘柄

バイナリーオプションというと、やっぱりFXと同じ通貨ペアを対象とした 取引がポピュラーだけどバイナリーの取引対象はそれだけではないよね。 これも会社によって違うけど、世界の株式銘柄や、金・銀・原油先物 …

バイナリーオプションって何?

■バイナリーオプションって?■ ここ最近でその名前を耳にすることが多くなった「バイナリーオプション」。 株やFX、CFDといった金融商品は聞いたことがあるけど、バイナリーオプションって何?と思う人も多 …

国内業者と海外業者の税金の違い

バイナリーオプションでは、同じ取引をしていても、国内業者と海外業者では税金の扱いが変わってくるの。 その違いを知っておいて損はない! どんな違いがあるのか見てみましょう♪ ≪国内業者の場合≫ ●税金の …

トップへ戻る