バイナリーオプションとFXとの違いを見てみよう!(その2)

Pocket

3.トレード時間
バイナリーでは最短30秒から長くて24時間までぐらいかな。

FXは短くても数分からで、長いときは1年以上ということもあるようね。

もちろんFXは任意の時間に決済できるんだから、やろうと思えば30秒で決済も可能よ。

だけど通常は30秒なんかではほとんどレートは動かないわけだし、FXでは値幅イコール利益な訳だから、そんな短い時間に決済する意味がないわけ。
それにFXではスプレッド(売値・買値の値幅)というものがあるから、エントリー即含み損の状態なわけ。その含み損を解消するのでも30秒では通常難しいわね。
もっとも、FXでは指標狙いという手法があって、30秒でもものすごく動いて利益が取れる場合もあるんだけど、それは上級者じゃないと無理なのね。

4.取引金額
バイナリーでは会社によっては100円からできるわね。

FXでは、日本の証券会社ではレバレッジが25倍までしか認められていないから、
例えばドル円が100円として1000通貨単位を取引しようとしても
100円*1000÷25=4000円
は証拠金として最低でも必要なわけ。
もっとも含み損で証拠金が減るとすぐ清算されちゃう会社もあるから、5000円は必要かな。

あと、リスクが限定されているバイナリーのほうが心理的にプレッシャーが少ないという人もいるけど、うーーんなんともいえないか。

【カテゴリ】バイナリー攻略法

関連記事

【チャートの形を見てみよう!(その3)】

前回までは、ダブル底、トリプル底という、底の形に特徴のあるチャートの形を見てきたよ。 今回はその逆で、天井に特徴のあるチャートの形を見てみるよ! このチャートはダブル天井と呼ばれるチャートの形だよ。ダ …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その5)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 この中にも用意されているローソク足の種類について紹介してきたけど、今回も基本的なローソク足を見てみるよ。 今回 …

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その2)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 ローソク足(Candle Sticks)も常備されていて、使いやすいの。 このProfessionalChar …

【チャートの形を見てみよう!(その2)】

前回はダブル底を見てみたよね。 ダブル底は下落している相場の時に、同じような水準の安値を2度付け、Wの形になったものを言ったよ。 今回見るのは、同じような水準の安値を3度付ける「トリプル底」と呼ばれる …

【2本のローソク足を組み合わせて、相場の流れを読んでみよう!(その1)】

これまで、ローソク足のチャートを色々見てきて、1つ1つのローソク足の形の意味、そして、たくさんのローソク足から成る、チャートの形から、相場の流れを見てきたよ。 今回は、ローソク足の組み合わせを見ること …

トップへ戻る