【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その2)】

Pocket

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。
ローソク足(Candle Sticks)も常備されていて、使いやすいの。
このProfessionalChartを使うことで、より一層取引の精度が上がると思うわ!

例えばこのチャート。このチャートはある日のユーロドルの5分足のチャートだよ。

ななめに引かれたピンクの線は、それぞれのローソク足の下ヒゲと上ヒゲに大まかに線を引いたものなの。
三角形に似た形になっているけど、これは三角もちあいと言って、上や下に抜ける一つの目印になる形なの。
本来の三角もちあいは、もっとペナント型(三角形の旗)なんだけど、この例の場合は短時間で見ているから、きれいなペナント型ではなく、山を横にしたような形になっているわ。
上が切り下がり、下が切り上がっていく三角もちあいは、相場がどちらに転ぶかわからない…と言われているの。
でも、このチャートでは、結局上に抜けているよ。
その目安として、水色のサポートラインよりも下ヒゲが下がらなかったということが一つのポイントになるの。つまり、この時上昇の勢いが強かったということを示しているんだよね。
こんな風に、定番と言われるチャートの形とボトムラインの位置を見極めることで、ある程度相場の流れが予想できるよ。
こういうサインを見逃さずにバイナリーオプションの取引をすることが大切だよ!
レートの動きを見ながら、どれくらいの長さの取引をするのか、また、取引の種類をハイ&ローにするのか、それともワンタッチにするのか…等、色んなパターンで取引することができるよね。
テクニカルチャートを活用して、バイナリーオプション取引を楽しんでね!

 

【カテゴリ】バイナリー攻略法

関連記事

バイナリーオプションとFXとの違いを見てみよう!

バイナリーとFXとの違いは折に触れて述べてきたけれど、覚えているかしら? 重複することも多いかもしれないけど、理解を確かにするためにもう一度整理しておくわね。 1.決済時間 バイナリーでは決済時間を選 …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その4)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。MacDやRSIといったテクニカル分析ができる、便利なチャートだよ。もちろんローソク足も搭載されているの! 前回 …

【チャートの形を見てみよう!(その1)】

「ニュースなんかで○円の節目を超えられず再下落」なんていうフレーズを耳にすることがあるよね。この節目というのは、過去に上昇や下落が止まることが多かった価格水準ということなんだよ。 この価格を目安として …

バイナリーオプションとFXとの違いを見てみよう!(その2)

3.トレード時間 バイナリーでは最短30秒から長くて24時間までぐらいかな。 FXは短くても数分からで、長いときは1年以上ということもあるようね。 もちろんFXは任意の時間に決済できるんだから、やろう …

バイナリーオプションの取引銘柄に注目だよ!

バイナリーオプションというと、やっぱりFXと同じ通貨ペアを対象とした 取引がポピュラーだけどバイナリーの取引対象はそれだけではないよね。 これも会社によって違うけど、世界の株式銘柄や、金・銀・原油先物 …

トップへ戻る