【チャートの形を見てみよう!(その1)】

Pocket

「ニュースなんかで○円の節目を超えられず再下落」なんていうフレーズを耳にすることがあるよね。この節目というのは、過去に上昇や下落が止まることが多かった価格水準ということなんだよ。
この価格を目安としている投資家は多いんだよね。例えば株の場合はこの節目水準まで上昇すると、その株価で買っていた投資家からの売りが出やすくなったり、逆に節目を上抜けるとその安心感から買いが強まったりするんだよ。為替もこの価格を目安にしながらトレードするトレーダーは多いし、実際ポイントとなる価格に大きな売り・買いの注文を大口の投資家(銀行、生保、商社等)が出していたりするんだよね。

そんなわけでこの節目を知っておくことはとても大事なの。価格が上がって節目を超えるか越えないか、また、その状況で売りと買いのどちらのエネルギーが強いのかが判断できるからなんだよ。

ポイントとなる節目、節目を迎えることでチャートの形が変わるんだけど、そのチャートの形から、今後どのような感じで相場が変わっていくのか、読み取ることができるの。

下のチャートは、ダブル底と呼ばれるサインが出ているものだよ。

ダブル底は、価格が下落した局面の安値付近でWの形ができるものだよ。一度底に来て上昇したものの、また下落して同じくらいの底まで下がり、再上昇するとこの形ができるんだけど、この形が出るといよいよ本格的に上昇することを意味しているんだよ。

このようなチャートの形が今後の動きを予想する一つの目安となるよ。

【カテゴリ】バイナリー攻略法

関連記事

【チャートの形を見てみよう!(その4)】

前回はダブル天井を見たよ! 今回見るのは、このダブル天井をより強くした形だよ!トリプル天井、あるいは三尊天井(さんぞんてんじょう)という形だよ。 この形は高値圏でよく見られる形状の一つで、3つの山形を …

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その2)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 ローソク足(Candle Sticks)も常備されていて、使いやすいの。 このProfessionalChar …

【24オプションの「ProfessionalChart」を見ながら、ローソク足の復習をしよう(その5)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」。 この中にも用意されているローソク足の種類について紹介してきたけど、今回も基本的なローソク足を見てみるよ。 今回 …

バイナリーオプションとFXとの違いを見てみよう!

バイナリーとFXとの違いは折に触れて述べてきたけれど、覚えているかしら? 重複することも多いかもしれないけど、理解を確かにするためにもう一度整理しておくわね。 1.決済時間 バイナリーでは決済時間を選 …

【24オプションの「ProfessionalChart」でチャート分析するよ!(その3)】

24オプションで常備しているテクニカルチャートの「ProfessionalChart」は、相場の動きを予測したり分析するのにとても便利だよ。 日本で一番なじみ深いローソク足(Candle Sticks …

トップへ戻る